「卵黄」さえあれば!絶品ウマウマおかず&お菓子レシピ22選

卵黄が好きな人は多いですよね。とろっと濃厚な味わいは多くの人を魅了します。さらに栄養もばっちりで食べても罪悪感がないのがうれしいポイント。今回はそんな人気の食材、卵黄を中心としたおかずやお菓子のレシピをまとめてご紹介します。

卵黄を使って料理をしよう

きれいな黄色が食欲をそそる卵黄。料理の上に卵黄が乗っているだけで、なんだかテンションが上がります。
自宅でも卵黄を使った料理を作ってみたいけれど、なかなか何を作ったらよいのか思い浮かばないという人も多いのではないでしょうか。ですが、実は卵黄を使ったレシピはたくさんあるのです!
今回は卵黄をメインとしたおかずやお菓子のレシピを22選ご紹介します。「食べるのは大好きだけど、作り方を知らない……」という人は必見です!

卵黄の栄養とカロリー

卵は完全栄養食品と耳にした人もいるでしょう。ひとつ食べるだけで、タンパク質やミネラルなどがきちんと摂取できます。もちろんとろっと濃厚な味わいがたまらない卵黄も栄養豊富なんですよ。

効能

卵黄には脂質が多く含まれます。ダイエットを意識している人にとって、脂質ときくと厄介なもののように感じられますが、体にとって重要な栄養なんです。
卵黄の脂質には、「コリン」という栄養素が大豆より多く含まれています。これには脳の機能を高める働きがあるそうです。また目を健やかに保つビタミンAも多いので、日頃から目を酷使する人は積極的に食べたい食材といえるでしょう。

卵黄の1個あたりのカロリーは?

白身に比べるとカロリーが高そうな卵黄。実際のところはどうなのでしょうか?
卵1個のカロリーは66kcalです。卵白は18kcalなので、確かに卵白と比べると高くなっています。それでも100kcalはないので、適量ならば食べても大丈夫でしょう。

卵黄の◯◯漬けレシピ5選

卵黄の栄養や効能が分かったところで、まずは卵黄を様々なもので漬け込んだ〇〇漬けレシピをご紹介します。

黄身の醤油漬け

醤油とみりん、料理酒を混ぜ合わせたものに卵黄を漬けるだけでできあがり。炊き立ての白いご飯に濃厚な黄身の醤油漬けを乗せるだけで、ワンランク上の卵かけごはんになりますよ。

ナンプラー醤油卵

ナンプラーと醤油、みりん、水に一晩漬けこめばできあがり。醤油だけでなくナンプラーをいれることで、ひと味違うエスニック料理風の卵黄漬けになります。

特集

SPECIAL CONTENTS