ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

わさび菜とはどんな野菜?

わさび菜とは、九州で栽培される在来種「からし菜」の変異種。アブラナ科アブラナ属カラシナ種の葉菜で、ギザギザの細かいフリル状の葉が特徴です。明るい緑色の葉はやわらかく、表面には細かい縮みがあります。わさびのようなさわやかな香りとピリッとした辛味があり、食感はシャキシャキと歯ざわりがいいですよ。

一見、わさび菜という名前からわさびの一種と思われがちですが、「葉わさび」とは別物。葉わさびは、わさびの根茎から伸びる葉茎です。わさび菜は、風味がわさびに似ていることから名付けられました。

わさび菜の旬の時期

わさび菜は、東北地方から九州地方と各地で生産され、市場には通年出回ります。秋から春にかけ多く出回り、11〜3月頃が旬と言えるでしょう。

わさび菜のピリッとする辛さは、寒い時期に増えるため、秋口のわさび菜は辛さがマイルド。冬のわさび菜はしっかり辛味を感じられます。

おいしいわさび菜の見分け方

おいしいわさび菜は張りがあり、ボリューム感があります。ギザギザのフリル状の葉は、先端までみずみずしく、色合いは鮮やかな明るい緑色で、ツヤがありますよ。

ギザギザの部分がしおれたり、乾いたり、黄色に変色したりしていると、日が経っている証拠。乾燥に弱く傷みやすいため、古いものは選ばないようにしましょう。

わさび菜の栄養成分

わさび菜には、ビタミンCやβ-カロテンなどビタミン類が豊富に含まれています。また、カリウムやカルシウム、リンなどのミネラルも含まれるため、積極的に摂りたいですね。

葉がやわらかく生で食べられるので、手軽にサラダや和え物でいただくのがおすすめですよ。(※1)

野菜ソムリエがおすすめ。わさび菜の食べ方

わさび菜は、葉がやわらかく食感はシャキシャキ。わさびのようなさわやかな辛味を楽しむため、生で食べるのがおすすめです。サラダにしたり、サンドイッチやハンバーガーに挟んだりして食べるとおいしいですよ。フリルの形や明るい緑色がきれいなので、ステーキやハンバーグなど肉料理の付け合わせにもGOOD。

外側の葉や軸には硬い部分があるので、ゆでて和え物にしたり炒めたりして食べるといいですよ。わさび菜のピリッとする辛味が苦手なら、加熱すると気にならなくなります。油との相性がいいので、天ぷらにしたりバターで炒めたりすると絶品ですよ。

わさび菜の保存方法

わさび菜は乾燥に弱いので、新聞紙に包んでからポリ袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。立てて保存したほうがより長持ちしますよ。

5日程度保存可能ですが、なるべく早めに食べ切るのがおすすめです。塩ゆでしたり塩漬けやしょうゆ漬けに加工したりすれば、冷凍保存が可能。冷凍庫で2週間程度持ちます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ