黄金比率で簡単おいしい!「すき焼き割り下」を関東風・関西風で♩

味の調整が難しいすき焼きも、割り下を作っておけば心配なし!今回はすき焼きの名店「今半」の割り下の黄金比率をご紹介します。市販のすき焼きのたれが余った時にも使えますよ。また、関西風と関東風の違いとレシピもご紹介しますね。

2017年10月19日 更新

作り方

1. 材料は、食べやすい大きさに切っておきます。ねぎは幅2cmの斜め切りに、しいたけは軸を取り、かさの部分にV字形の切り込みを3ヶ所入れます。春菊は根元の堅い部分を切り、半分に折ります。焼き豆腐は縦半分に切り、横に4~5等分に、しらたきは熱湯でさっとゆで水気を切り、食べやすい長さに切ります。

2. 鉄鍋を中火で熱して牛脂を入れ、鍋全体に回して脂がなじんだら、牛肉を広げて入れ、ねぎ、焼き豆腐を加えたら、割り下を注ぎます。 しいたけ、しらたき、春菊を加えて煮ます。割り下を入れる量は、味の濃い場なら鍋底が隠れる程度で、味が薄めの場合は通常の鍋と同程度の量を入れます。

3. 火が通ったら溶き玉子にくぐらせていただきます。

4. お好みで、シメには茹でたうどん(分量外)を入れ、うまみの出た煮汁を染みこませていただきましょう。

作る時のコツ

水分がなくなったり煮詰まってしまったら、昆布だしなどを様子を見て足しましょう。水を足すと、味が薄まりコクがなくなってしまいます。

関西風すき焼きの作り方

関西風のすき焼きでは、割り下は作りません。作り方にどのような違いがあるのか、チェックしておきましょう。

材料(4人前)

・牛薄切り肉(すき焼き用)…… 600g
・ねぎ …… 2~3本
・生しいたけ …… 8個
・春菊 …… 1わ(約200g)
・焼き豆腐 …… 1丁(約300g)
・しらたき …… 1袋(約200g)
・えのき …… 1束
・醤油 …… 大さじ7
・砂糖 …… 大さじ3
・酒 …… 大さじ5
・牛脂 …… 適宜
・卵 …… 4個
3 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう