黄金比率で簡単おいしい!「すき焼き割り下」を関東風・関西風で♩

味の調整が難しいすき焼きも、割り下を作っておけば心配なし!今回はすき焼きの名店「今半」の割り下の黄金比率をご紹介します。市販のすき焼きのたれが余った時にも使えますよ。また、関西風と関東風の違いとレシピもご紹介しますね。

2017年10月19日 更新

関東風すき焼きの作り方

材料(4人分)

・牛薄切り肉(すき焼き用)…… 600g
・ねぎ …… 2~3本
・生しいたけ …… 8個
・春菊 …… 1わ(約200g)
・焼き豆腐 …… 1丁(約300g)
・しらたき …… 1袋(約200g)
・割り下(上記のレシピ分)
・牛脂 …… 適宜
・卵 …… 4個

作り方

1. 材料は、食べやすい大きさに切っておきます。ねぎは幅2cmの斜め切りに、しいたけは軸を取り、かさの部分にV字形の切り込みを3ヶ所入れます。春菊は根元の堅い部分を切り、半分に折ります。焼き豆腐は縦半分に切り、横に4~5等分に、しらたきは熱湯でさっとゆで水気を切り、食べやすい長さに切ります。

2. 鉄鍋を中火で熱して牛脂を入れ、鍋全体に回して脂がなじんだら、牛肉を広げて入れ、ねぎ、焼き豆腐を加えたら、割り下を注ぎます。 しいたけ、しらたき、春菊を加えて煮ます。割り下を入れる量は、味の濃い場なら鍋底が隠れる程度で、味が薄めの場合は通常の鍋と同程度の量を入れます。

3. 火が通ったら溶き玉子にくぐらせていただきます。

4. お好みで、シメには茹でたうどん(分量外)を入れ、うまみの出た煮汁を染みこませていただきましょう。

作る時のコツ

水分がなくなったり煮詰まってしまったら、昆布だしなどを様子を見て足しましょう。水を足すと、味が薄まりコクがなくなってしまいます。

関西風すき焼きの作り方

関西風のすき焼きでは、割り下は作りません。作り方にどのような違いがあるのか、チェックしておきましょう。

材料(4人前)

・牛薄切り肉(すき焼き用)…… 600g
・ねぎ …… 2~3本
・生しいたけ …… 8個
・春菊 …… 1わ(約200g)
・焼き豆腐 …… 1丁(約300g)
・しらたき …… 1袋(約200g)
・えのき …… 1束
・醤油 …… 大さじ7
・砂糖 …… 大さじ3
・酒 …… 大さじ5
・牛脂 …… 適宜
・卵 …… 4個

作り方

1.食材の下ごしらえは、関東風のものと同じように行いましょう。関西風はえのきを使う場合が多いようで、石づきをカットしておきます。

2.鉄鍋を熱して牛脂を溶かし、鍋になじませます。そこに牛肉を入れて焼き、砂糖、醤油、酒を加えたら、春菊、しらたき以外の食材を投入して煮込みましょう。

3.全体に火が通って、食材に味が染み込んだら、春菊としらたきを加えて軽く煮込み、完成です。溶き卵に食材をくぐらせていただきましょう。

4.関東風同様、シメにうどんを入れても絶品ですよ。

作る時のコツ

作っている途中で味を調整するのが、関西風すき焼きのポイント。今回のこの分量は、あくまで目安ですので、お好みで調整してくださいね。また、牛脂を溶かす時からずっと中火で調理することで、しっかりと食材に味が染み込みますよ。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう