すき焼きにもシメがある!一度で二度おいしい絶品シメレシピ11選

醤油とお砂糖の甘めのタレが具材に染み込み、卵に絡めて食べるとまろやかなおいしさが口いっぱいに広がる「すき焼き」。お肉もお野菜もたっぷり食べられるお料理です。そんなすき焼きにもシメがあるって知ってますか?すき焼きのしめアイデアをご紹介します。

2019年10月16日 更新

すき焼きにもしめがある⁉︎

寒くなってくると、家族や友達みんなでも楽しめる「すき焼き」が恋しい季節になってきました。ところで、みなさんはすき焼きの故郷を知っていますか?すき焼きが誕生したのは関西、専門店が登場したのは1869年(明治2年)。神戸の元町に「月下亭」というお店がオープンしました。そのあと、関東大震災をきっかけに関東地方に広まったと言われています。

すき焼きは大変奥の深い料理で、地方によって独特のスタイルを持つのが特徴ですよね。各々のスタイルですき焼きをいただいたあと、シメはどうされていますか?そのまま捨てちゃうなんてもったいないことは今日で卒業です!すき焼きの残りの具材やお汁には、牛肉やお野菜などの旨味がたっぷりと溶け込んでいるんです。今回は、そのすき焼きの「残り」を使ったシメ料理をご紹介します。

すき焼きに合うしめご飯レシピ11選

1. 残り汁で!すき焼きパスタ

あらかじめ30分以上水につけておいたパスタを、すき焼きの残り汁へ豪快にイン。味を見て、水やワイン、お酒、コンソメ、お出汁などを追加して好みの味にすれば完成です。アレンジがきくので、幅広い年代の方に楽しんでいただける〆のひと品です。大人の方は赤ワインと一緒にお召し上がり下さい。

2. イタリアン!トマトすき焼き

残ったすき焼きにトマトの缶詰をひと缶丸ごと加え、白ワイン、オリーブオイル、ケチャップで味をつけたら完成です。さらに残った汁を白ワインで伸ばし、洗ったお米、塩こしょうで煮込みます。仕上げに粉チーズを入れたらチーズがとろーりトマトすき焼きリゾットの完成!一度で二度おいしい、イタリアンなすき焼きの〆料理です。

3. 地鶏スキスキ チキラー

チキンラーメンはあらかじめ沸騰したお湯で戻しておきます。すき焼きの残り汁に鶏と麺を投入し、チキンラーメンのスープを半量加えましょう。器に麺とスープを盛って、具をトッピングしたら、ジューシーは鶏肉がたまらないチキンラーメンのできあがりです。

4. すき焼きのごちそうおにぎり

残ったすき焼きの具材を刻んで混ぜれば、ごちそう感のあるおにぎりに変身!旨味のある煮汁は、トッピングの炒り卵の味付けに使っています。春菊の緑で彩りも鮮やか。お好みで七味唐辛子をかけると、甘辛味が引き立ちます。

5. タイ風しゃぶしゃぶサラダと麩の卵とじ丼

お腹いっぱいになって食べられなかったお肉を、お酒が入ったお湯でサッと湯がき、豆苗やトマトと一緒に盛り付ければ完成です。さらにすき焼きの残り汁で麩を煮て、卵でとじたものをご飯にかければ丼もできちゃいます。この2品があれば立派な夕食に早変わりですね。次の日の晩ご飯はこれで決まり!
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

araiguma

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう