ライター : りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 様々な角度から「食」について考えていけたらなと思います。

カルパッチョとは?

カルパッチョとは、魚や肉を薄切りにして、オリーブオイルなどをかけた料理です。 1950年頃イタリアにある、ハリーズ・バーという有名なお店の創業者が作ったと言われています。食事制限中のお客様でも食べられる料理を提供したいという、やさしい気持ちから誕生したそう。 名前は、当時開かれていたルネサンス期に活躍した画家「ヴィレート・カルパッチョ」の回顧展から命名。赤と白を使った特徴的な絵画が、その料理と似ていることから、名前がつけられました。

カルパッチョとマリネの違い

カルパッチョとマリネは似ていると思われがちですが、実は全然違うんです!マリネは、食材を液体につけてやわらかくしたり、保存したりする調理法になります。一方カルパッチョは、魚や肉にオリーブオイルをかけたもの。つまり、マリネは調理法、カルパッチョは料理名なのです。 では、おすすめのレシピをご紹介します!

まずは定番!白身魚の「カルパッチョ」人気レシピ5選

1. 爽やかな酸味!鯛の柑橘カルパッチョ

Photo by macaroni

鯛を使った上品なカルパッチョのレシピです。ソースに使うのは、オリーブオイル・醤油・塩・金柑味の発酵スムージー。ルビーグレープフルーツ、フルーティーな柑橘風味のソースと合わせることで、さっぱりと爽やかな味わいが楽しめます。

2. ハラペーニョソースで!ヒラメのカルパッチョ

ハラペーニョをソースに使うピリッと辛いカルパッチョのレシピです。淡泊なカルパッチョにアクセントが効いて、お酒のお供にぴったり。ソースにガーリックオイルも加えているので、香ばしい香りもプラスされているんですよ。 お刺身があまり得意ではない、という方もこのソースなら気に入ってくれるはず。ヒラメだけでなく、旬の白身魚で作ってみてくださいね。

3. ピリッと広がる山椒のソースで!ヒラメのカルパッチョ

粉山椒とはちみつを組み合わせた和風カルパッチョのレシピです。意外な組み合わせのように思えますが、食べてみると感動のおいしさ。山椒の爽やかな香りとはちみつのやさしい甘さが、あっさりした白身魚に良く合います。

4. さわやか梅酒ジュレソース!鯛のカルパッチョ

キラキラしたジュレがおしゃれなカルパッチョ。ソースとしてかけてるジュレは、梅酒と麺つゆがベースになっているんです。ゼラチンで固めて、お刺身にトッピングすれば見た目も華やかなオードブルのできあがり。お刺身が水っぽくならないので、ゆっくりお食事を楽しみたいパーティーにもおすすめです。

特集

FEATURE CONTENTS