ローディング中

Loading...

みなさん、かまぼこは冷凍保存ができることをご存じでしたか?お正月に食べることの多いかまぼこは、なにかと余りがちですよね。でも腐らせるのはもったいない……今回は、そんな悩みを解決してくれる冷凍保存のコツやおすすめレシピについてご紹介します!

余ったかまぼこ、どうしてる?

かまぼこはお正月のおせち料理をはじめ、丼ものやおでんなどさまざまな料理に使われる練り物です。栄養価の高いかまぼこは、低カロリーで美容効果も抜群なので、上手に保存しておいしく食べたいですよね。

しかし、かまぼこは生ものなので、開封後は常温で1〜3日間、冷蔵庫でも1週間程度しかもちません。とはいえ、余ったかまぼこを腐らせてしまったらもったいないので、できるだけ長生きさせたいですよね。そこで今回は、かまぼこを冷凍保存で長持ちさせる方法をご紹介します。

かまぼこは冷凍保存できるのか

かまぼこを冷凍保存すると品質が落ちてしまうのではないか?と不安に思っている方はたくさんいると思います。確かに、冷凍かまぼこは上手く保存しないと解凍した際にぽこぽこと穴があいてしまい、食感や風味が変わってしまうので、解凍してそのまま食べるのは難しいと言われています。

しかし逆に言えば、かまぼこの劣化を抑えながら長期保存することも可能なのです。ただ冷凍庫に入れるだけでは、品質はすぐに落ちてしまいます。では、どういった方法でかまぼこを冷凍保存すればおいしさを保つことができるのでしょうか?

かまぼこを冷凍保存する方法

まずは、パッケージを開けてお好みの大きさにカットしましょう。板かまぼこやはんぺん、なると巻きなど、棒状のものや大きめのかまぼこは先にカットしておけば、調理の手間を省くことができます。また、金属製のバットを用意して、冷凍庫で冷やしておきましょう。
次は、切ったかまぼこをひとつひとつ丁寧にラップで包んでいきます。このとき、空気が入らないようにぴったり包むことがポイントです。ひと切れごと分けて包むと、かまぼこ同士がくっつかないのでスムーズに取り出せますよ。
ちなみに、かまぼこは雑菌が付着してしまうと、解凍したときに風味の低下や雑菌繁殖といった影響を受けやすいので、調理用手袋や消毒用アルコールで清潔を保ちながら作業するよう心がけましょう。
ラップの包装が終わったら、あらかじめ冷凍庫内で冷やしておいた空のバットに並べていきましょう。できるだけ金属面に広く密着するよう、平たく敷き詰めるようにしてください。急速冷凍のコツについては、後ほどご紹介します!

冷凍が完了するまでの時間は、カットしたサイズや包むときの形状などにより異なります。必要なときに冷凍庫から取り出して解凍しておけば、調理する際いつでもかまぼこを使えますよ。

かまぼこを冷凍保存するメリット

長期保存できる

一般的に、水分が多い食品は解凍したときに水がたくさん出てきやすいので、その分うまみや栄養が損なわれやすいと言われています。そのため、冷凍保存できる期間も短くなってしまうんです。

一方かまぼこは水分が少ないので、長く冷凍保存させることができますし、いろいろな料理に使うことができるので便利です。これならついついスーパーでかまぼこを買いすぎてしまったり、おせちのかまぼこが余ったりしても腐らせる心配はなさそうですね。

味がしみやすくなる

かまぼこは冷凍保存することによって食感が悪くなってしまうという説明をしましたが、そもそも食感が悪くなるのは、解凍したときに気泡のような穴がぽつぽつと開いてしまうからなんです。

しかし穴があいているおかげで、味がしみ込みやすくなるという風に捉えることもできます。そのため、煮物やスープなどの汁物に加えるとスポンジのように旨みを吸ってくれます。これは、冷凍かまぼこが持つ1番のメリットなのではないでしょうか。

上手に冷凍保存するコツ

急速冷凍する

解凍した後、よりおいしくかまぼこを食べるためには素早い冷凍が欠かせません。冷凍する際にその温度変化がゆっくりだと、かまぼこの食感が悪くなり、品質が下がってしまうからなんです。質の高い冷凍保存をするために、押さえるべきポイントは2つあります。

まずは、かまぼこをできるだけ薄くスライスして、温度を下げる時間を短縮させましょう。ただ、炒め物や煮物で使うのであれば、わざと大きいまま保存させて味を染み込ませやすくするのもひとつの手なので、いろんなサイズに切って試してみるのもよいかもしれません。

もうひとつは、金属製のトレーに間隔を空けて並べることです。金属製の容器は熱が伝わりやすいので、ムラなく均等に温度を下げてくれます。この2つの効果で、急速冷凍が可能になるんですよ。おいしく食べるためにも、よりよい状態で保存ができる急速冷凍を心がけましょう。

板かまぼこの板をきれいに外す

冷凍保存の場合、板付きのかまぼこは、前もって板を取り外しておく必要があります。板がついたままだと、冷凍したときにムラができてしまい、凍っていない箇所がでてくる可能性が考えられるからです。でも、かまぼこ板をきれいに外せた覚えがない……そんな方に、かまぼこ板をきれいに取れる方法をレクチャーします。

その方法はとっても簡単で、かまぼこと板の間に包丁の背の部分を差し込み、そのままぐいっと押し込むだけ!多少残ってしまうこともあるかもしれませんが、比較的きれいに板を外すことができると思います。かまぼこを板から外すのが苦手な方は、ぜひチャレンジしてみてください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

基本をマスター!ポークビーンズの実践レシピ&時短テク

レシピ

大豆を使った定番トマト料理、ポークビーンズ。豚肉入りのポークビーンズは、トマトの甘みと酸味、大豆のホクホク感がおいしいレシピ。給食で食べた印象がある人も多いようですね。ポークビーンズの上手な作り方をご紹介。バ…

とろとろ「タンシチュー」の絶品レシピ!圧力鍋や炊飯器での作り方も◎

レシピ 牛タン

とろとろ食感がたまらないタンシチュー、年齢問わず人気ですよね。ポイントさえ押さえれば、意外と簡単に絶品タンシチューを作ることができます。今回は、普通のお鍋を使ったタンシチューレシピと、圧力鍋や炊飯器を活用した…

ほの甘くて香ばしい◎「きな粉パン」のレシピ15選

レシピ パン まとめ

きな粉を使ったパンはほのかな甘さと香ばしさで、年齢を問わず人気がありますね。今回は、きな粉を使ったパンの人気レシピをご紹介。手軽にできるトーストから、手ごねで作る本格パンまでバリエーション豊かなレシピを揃えま…

メイン材料2つ!「作り置きハンバーグ」のレシピを調理師が伝授

ハンバーグ レシピ 作り置き

メイン材料2つで作る「作り置きハンバーグ」のレシピを、調理師がご紹介します。煮込みハンバーグや豆腐ハンバーグなどの、作り置きにぴったりなレシピも◎ 冷蔵&冷凍保存の方法もマスターできるから、毎日のお料理が楽チ…

下処理が鍵!「なめこ」のおいしい食べ方&絶品なめこ汁レシピ

レシピ

独特のぬめりが特徴のなめこ。お味噌汁などを中心に、食卓にあがることも多いですよね。しかしなめこの正しい調理法をご存じですか。なめこは洗った方がいいのか?なめこの正しい食べ方や保存期間、おすすめの使い方レシピま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ペットボトルの底はペタロイド?意外と知らない「食」にまつわる正式名称まとめ

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

社会人のお酒マナー7選!これであなたもデキ女になれる

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

コンビニで買える花粉症に効くもの5選!今年の花粉には要注意!?

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

しゃぶしゃぶに合う意外すぎるお出汁「3」選

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

名店からB級まで網羅!仙台の外せないグルメ23店!

仙台 B級グルメ まとめ

仙台グルメといえば牛タンに笹かまぼこ、ずんだ餅が有名ですが、そのほかにもたくさんのご当地グルメがあることでも知られています。JR仙台駅の駅近や駅ナカのおすすめ店や地元の人気店など、仙台を訪れたら絶対に行きたく…

コリコリもトロトロも美味♪牛すじ煮込みのアレンジレシピ20選

レシピ 牛肉 まとめ

私たちを魅了してやまない牛すじのレシピです。炊飯器でもおいしくできあがりますし、お急ぎのときは圧力鍋で一気に仕上げることもできます。もちろん普通に煮て、コリコリした牛すじならではの食感を楽しむのもOKです!

ウジャかわいい♩インスタで人気「saori」さんのスヌーピーレシピ12選

スイーツ レシピ まとめ

世界中の誰もが知っていると言っても過言ではないスヌーピー。あの愛らしい姿は日本でも大人気ですよね。今回は、そんなスヌーピーをモチーフにして注目されている、インスタグラマーsaoriさんが作るスヌーピーレシピを…

ページTOPに戻る