急速冷凍する

解凍した後、よりおいしくかまぼこを食べるためには素早い冷凍が欠かせません。冷凍する際にその温度変化がゆっくりだと、かまぼこの食感が悪くなり、品質が下がってしまうからなんです。質の高い冷凍保存をするために、押さえるべきポイントは2つあります。 まずは、かまぼこをできるだけ薄くスライスして、温度を下げる時間を短縮させましょう。ただ、炒め物や煮物で使うのであれば、わざと大きいまま保存させて味を染み込ませやすくするのもひとつの手なので、いろんなサイズに切って試してみるのもよいかもしれません。 もうひとつは、金属製のトレーに間隔を空けて並べることです。金属製の容器は熱が伝わりやすいので、ムラなく均等に温度を下げてくれます。この2つの効果で、急速冷凍が可能になるんですよ。おいしく食べるためにも、よりよい状態で保存ができる急速冷凍を心がけましょう。

板かまぼこの板をきれいに外す

冷凍保存の場合、板付きのかまぼこは、前もって板を取り外しておく必要があります。板がついたままだと、冷凍したときにムラができてしまい、凍っていない箇所がでてくる可能性が考えられるからです。でも、かまぼこ板をきれいに外せた覚えがない……そんな方に、かまぼこ板をきれいに取れる方法をレクチャーします。 その方法はとっても簡単で、かまぼこと板の間に包丁の背の部分を差し込み、そのままぐいっと押し込むだけ!多少残ってしまうこともあるかもしれませんが、比較的きれいに板を外すことができると思います。かまぼこを板から外すのが苦手な方は、ぜひチャレンジしてみてください!

冷凍したかまぼこを解凍する際のポイント

時間があるなら冷蔵庫で

よりおいしさを保ったまま解凍したいときは、冷蔵庫に入れましょう。ひとつずつラップのまま取り出し、雑菌が繁殖しないように低温の冷蔵庫に入れて戻していきます。 目安は約8時間。室温10℃以下の冷蔵庫でゆっくりと解凍することで、品質のダメージを最小限に抑えることができるのです。ただし、冷蔵庫を使うと通常よりも時間がかかってしまうので、前もって料理に使うタイミングを確認したうえで、解凍するようにしてください。

時間がないなら電子レンジを

今すぐに使いたいときに手っ取り早いのは、電子レンジを使う方法です。電子レンジを使うと、食感や風味は多少劣ってしまいますが、その分早く解凍することができます。 目安は、600Wの電子レンジで45秒~1分半、様子を見ながら温めていくとちょうどよく解凍できます。かまぼこの食感やおいしさが多少変わっても気にしない方は、素早く解凍できる電子レンジで解凍した方がよいかもしれませんね。

焼きかまぼこにすると風味がアップ

解凍した冷凍かまぼこは、どうしても水っぽくなって風味が落ちてしまい、冷凍庫特有のにおいがつくのでそのまま食べるのは難しいです。かといって、冷凍かまぼこの使い道は煮物だけなのかというと、そんなことはありません。 解凍した後にそのまま食べたいという方におすすめなのは、グリルで軽く焼くという方法です。焼き目をつけることで香ばしくなり、冷凍感も気になりません。ひと手間を加えるだけで風味がぐんとアップするので、ぜひ試してみてくださいね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS