9. 栄養ドリンク

風邪の症状がある程度落ち着き、そろそろ職場や学校に復帰しなければならないけど、体にだるさが残りまだ本調子ではない……そんなときは、栄養ドリンクです。 さまざまな栄養素がバランスよく含まれているため、手早く栄養補給ができ、なかにはカフェインが含まれているものもあるため集中力も高まります。ただし、風邪薬服用中の飲用は避けるか、念のため医師や薬剤師の判断を仰ぎましょう。

10. はちみつレモン、ホットレモネード

はちみつは栄養価が高いほか、抗炎症作用があり、レモンもビタミンCが豊富に含まれているため風邪の回復を早めてくれると言われています。特に、喉に痛みがある風邪の場合は、これらの飲み物を積極的に試してみることをおすすめします。 ただし、はちみつにはボツリヌス菌が含まれている可能性があるため、1歳未満の乳児には与えないように注意してください。

あまり食べられないなら。風邪のときの軽い食べ物5選

11. 果肉入りゼリー

ビタミンCが豊富でエネルギー源となるフルーツは風邪のときにおすすめですが、なかにはそのままだと食べにくいものもありますよね。 食欲がなかったり、喉が痛くても比較的食べやすいのが果肉入りゼリーです。ツルっとした食感で喉越しもよく、食べやすいため常備しておくといいでしょう。

12. ヨーグルト

カルシウムやたんぱく質が豊富でほどよい酸味とやさしい甘みのヨーグルトは、風邪のときにぴったり。ヨーグルトは腸内環境を整える作用があるため、免疫力を高め風邪の対策や回復を早める効果が期待できます。バナナやキウイなど、フルーツと一緒に食べるのもいいですね。

13. バニラアイス

バニラビーンズに含まれるリナロールという成分には、ウィルスと戦い、免疫力をアップしてくれる効果があります。また、風邪で火照ったからだを冷やしてくれたり、喉が痛いときでも食べやすいといったさまざまなメリットが。 食べる際は、エネルギーやたんぱく質が豊富な「アイスクリーム」と書かれたものを選ぶようにしましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ