「はちみつレモン」の効果効能&作り方。健康も美容も手に入れたい♪

今回は、風邪を引いたときの定番「はちみつレモン」についてご紹介します。見逃せない効果効能と作り方をまとめているので、健康も美容も手に入れたい欲張りさんは要チェックですよ。今夜は、はちみつレモンでホッと温まりませんか?

【健康】はちみつレモンの効果効能

疲労回復効果

レモンをはじめとする柑橘類に含まれる「クエン酸」は、体内でエネルギー代謝をおこなう「クエン酸回路」という仕組みの中心的成分。クエン酸を摂取してクエン酸回路を働かせることにより、疲労物質の分解がおこなわれます。その結果、すみやかな疲労回復につながるのです。

仕事終わりや、スポーツをしたあとなどに飲みたいですね。

便秘対策

はちみつには、「グルコン酸」という物質が豊富に含まれています。このグルコン酸、腸内のビフィズス菌を増加させる作用があるんです。ビフィズス菌は腸の動きを促す働きがあるため、溜まった便が排出されやすくなります。

リラックス効果

柑橘類にも多く含まれる香り成分「リモネン」は、脳のα波を発生させる作用が期待されています。α波はリラックス状態のときに脳から出るとされているため、リモネンの作用はリラックス効果につながるのです。

【美容】はちみつレモンの効果効能

美肌効果

はちみつには、さまざまなビタミン類やミネラル類が含まれています。なかでも「亜鉛」は、新しい細胞を生み出すためのたんぱく質の合成をサポートする役割があり、体内の新陳代謝を促してくれます

古い細胞から新しい細胞に生まれ変わるサイクルが早い分、美しい肌(新しい肌)を維持することにつながるんですよ。

アンチエイジング効果

レモンに含まれているビタミンCには、強い抗酸化作用があります。肌や血管、内臓など体全体の老化は、活性酸素という物質が各器官を酸化させることにより起こるのですが、抗酸化作用をもったビタミンCには活性酸素の動きを抑制する働きがあり、アンチエイジング効果が期待できます。

口臭対策

口臭の原因は、口内に繁殖した細菌。この細菌は、口の中に餌となる食べ物のカス(たんぱく質)が残っていたり、口が乾いていたりするときに繁殖します。

ビタミンCには抗菌作用がありこれらの細菌を排除するのに役立つほか、強い酸による唾液分泌の促進作用から口内を潤して細菌の繁殖を抑え、口臭の抑制につながります。

のど風邪対策に、はちみつレモン

ビタミンCによる免疫力強化

体内に風邪の原因となる細菌が入り込むと、血液中の白血球という成分が菌を退治するため動き出します。ビタミンCには白血球を活性化させる役割があり、さらにビタミンC自体にも抗菌作用にて菌を攻撃するため、ダブルの効果で免疫力をアップさせて風邪対策に役立ちます。

はちみつによる保湿効果

のどの粘膜が乾燥すると免疫力が下がり、菌に感染しやすくなります。はちみつには、水分を保持する力(保湿力)があり、摂取することでのどの粘膜を乾燥から防ぐことに役立ちます。

はちみつレモンダイエットについて

特集

SPECIAL CONTENTS