「はちみつレモン」の効果効能&作り方。健康も美容も手に入れたい♪

今回は、風邪を引いたときの定番「はちみつレモン」についてご紹介します。見逃せない効果効能と作り方をまとめているので、健康も美容も手に入れたい欲張りさんは要チェックですよ。今夜は、はちみつレモンでホッと温まりませんか?

2019年3月28日 更新

美肌効果

はちみつには、さまざまなビタミン類やミネラル類が含まれています。なかでも「亜鉛」は、新しい細胞を生み出すためのたんぱく質の合成をサポートする役割があり、体内の新陳代謝を促してくれます。(※3) また、レモンに含まれるビタミンCは、肌の土台となるコラーゲンの生成に欠かせない成分。(※4)ビタミンC不足によりコラーゲンが生成されないと、シワやたるみの原因になってしまいます。

アンチエイジング効果

レモンに含まれているビタミンCには、強い抗酸化作用があります。肌や血管、内臓など体全体の老化は、活性酸素という物質が各器官を酸化させることにより起こるのですが、抗酸化作用をもったビタミンCには活性酸素の動きを抑制する働きがあり、アンチエイジング効果が期待できます。(※5)

のど風邪対策に、はちみつレモン

ビタミンCによる免疫力強化

体内に風邪の原因となる細菌が入り込むと、血液中の白血球という成分が菌を退治するため動き出します。ビタミンCには白血球を活性化させる役割があるため、免疫力をアップさせて風邪対策に役立ちます。(※4)

はちみつによる保湿効果

のどの粘膜が乾燥すると免疫力が下がり、菌に感染しやすくなります。はちみつには、水分を保持する力(保湿力)があり、摂取することでのどの粘膜を乾燥から防ぐことに役立ちます。(※6)

はちみつとダイエットについて

はちみつは、そのほかの砂糖と比べて甘みが強いという特徴があります。そのため、同じ量でも甘さをしっかりと感じることができ、満足できるはず。ダイエット中に甘いものが食べたくなったら、はちみつを摂取するといいでしょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS