知らないと危険!緑色になったじゃがいもって食べられるの?

じゃがいもの芽には毒があって危険、という認識がある方は多いと思いますが、では、皮が緑色に変色したじゃがいもはどうなのでしょうか?食べても大丈夫なのか。なぜ緑色に変色してしまうのか。今回は、じゃがいもの変色について紹介したいと思います。

2018年8月24日 更新

ソラニン・チャコニンの食中毒の防ぎ方

栽培時の注意点

毒素は太陽にあたると増殖しやすいので、じゃがいもの芋の部分が地面から外に出ないよう、きちんと土寄せをしましょう。収穫したじゃがいもを太陽の下に放置しておくのもよくありません。また、育ち切っていない未熟なじゃがいもに毒素がたくさん含まれるため、十分に熟して大きくなってからじゃがいもを収穫するようにしましょう。

調理時の対処法

1. 芽や緑色部分はカットする

じゃがいもに芽や緑色の箇所があったらしっかり取り除き、芽や緑色のところだけでなく、そのまわりも厚めにカットしましょう。緑色になっているかどうか判別しにくく、食べてよいものか迷った場合は、食べないようするのが無難です。

2. 皮をむいて調理する

じゃがいもは、皮をむいて食べましょう。特に未熟なじゃがいもを皮ごと食べることは、避けたほうがいいですね。じゃがいもをゆでたり加熱したり火を通してもソラニンやチャコニンは分解されません。

ただし、じゃがいもを170℃以上で揚げると、ソラニンやチャコニンが分解されるそうですが、量が減るとは限らないようです。芽や緑色の部分はしっかり取り除いたうえで、調理してください。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう