さんまの塩焼きをフライパンで焼く方法

アルミホイルを使う場合

1. うまみが逃げないように、塩水でさんまを洗います。汚れを落としながら、傷がつかないようにサッと洗います。

2. 火が通りやすいよう十字に切り込みを入れたら、塩をふります。塩をふることで、臭みが消えて身のしまった仕上がりになります。

3. 10分ほど置いてなじませたら、キッチンペーパーなどで水気をふき取ります。

4. フライパンにアルミホイルを敷いてさんまをのせ、ふたをして中火で5分ほど焼きます。焦げ目がついてきたらひっくり返し、アルミホイルをかぶせて焼きます。余分な油は味が落ちる原因となるため、キッチンペーパーなどでこまめにふき取りましょう。

ここで大切なのが、ひっくり返したあとはふたをしないことです。蒸気がこもってしまい、さんまの皮をパリッと焼き上げることができなくなってしまいます。切り込みから汁が出てくるころが、焼き上がりのサインですよ。

クッキングシートを使う場合

1. アルミホイルで焼く場合と同じように、さんまの下処理をします。クッキングシートはフライパンの大きさに合わせて切るか、内側に折ってクッキングシートが浮かないようにします。 2. 中火で5~10分ほど焼き、ひっくり返したらさらに3~4分ほどで焼き上がりです。

パリッと焼き上げる共通のポイント

・ひっくり返したら、ふたはしないこと!蒸気がこもってしまい、さんまの皮をパリッと焼き上げることができなくなってしまいます。切り込みから汁が出てくるころが、焼き上がりのサインです。

・余分な油はこまめにふき取りましょう。

フライパンで作るさんま料理のレシピ7選

1. さんまのガーリック焼き

2. 焼きねぎとさんまの蒲焼き

編集部のおすすめ