ミノ

ミノは、牛の胃の第1胃を指します。弾力が強く、独特な食感が特徴的。ミノのなかでも、中央部分の厚い個所は「上ミノ」といい、高価です。

・牛ミノ(ゆで)
エネルギー量……182kcal
糖質量……0g(※1)

ハチノス

ハチノスは、牛の胃の第2胃を指します。見た目が蜂の巣に似ていることが、名前の由来となった肉です。ミノに負けず劣らず、弾力が強く、嚙みごたえがあります。また、「コラーゲン」が豊富に含まれているのも魅力です。

・牛ハチノス(ゆで)
エネルギー量……200kcal
糖質量……0g(※1)

センマイ

センマイは、牛の胃の第3胃を指します。ほかの胃の部位よりも脂質の含有量が少なく、さっぱりした味わいです。鉄分を多く含んでおり、見た目が黒いのが特徴的。コリコリとした独特の食感が楽しめます。

・牛センマイ(生)
エネルギー量……62kcal
糖質量……0g(※1)

ギアラ

ギアラは、「赤センマイ」や「アボミ」とも呼ばれており、牛の胃の第4胃を指します。しっかりと焼いて食べると、歯ごたえや濃厚な味を楽しめる部位です。

・牛ギアラ(ゆで)
エネルギー量……329kcal
糖質量……0g(※1)

シマチョウ

ホルモンと言えば、まず思い浮かぶのがシマチョウだという人も多いでしょう。シマチョウは、テッチャンとも呼ばれており、大腸の部分にあたります。適度な脂と、歯ごたえが特徴です。よく焼いて食べるのがおすすめですよ。

・牛シマチョウ(生)
エネルギー量……162kcal
糖質量……0g

・豚ダイチョウ(ゆで)
エネルギー量……179kcal
糖質量……0g(※1)

マルチョウ

マルチョウは、小腸の部分の肉です。コラーゲンが多く含まれており、脂が多く、やわらかいのが特徴です。火が通りやすいため、軽く焼くだけでおいしくいただけますよ。また、もつ鍋に使われています。

・牛マルチョウ(生)
エネルギー量……287kcal
糖質量……0g

・豚ヒモ(ゆで)
エネルギー量……171kcal
糖質量……0g(※1)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ