アレンジ自在!シチリア名物「アランチーニ」は余った食材で作れるお手軽レシピ

アランチーニをご存知ですか?ライスコロッケと言えばイメージしやすいでしょうか。イタリアの郷土料理で、日本のレストランでもアンティパスト(前菜)として提供するお店も多くあります。今回ご家庭で簡単に作れるレシピから都内のおすすめ店までご紹介!

アランチーニとは

アランチーニって何でしょうか?クラシック音楽の作曲家?いえいえ、アランチーニとはイタリア料理の名前です。シチリアとナポリの名物料理で、ライスコロッケの仲間といえば想像しやすいでしょうか。
アランチーニの意味は「小さなオレンジ」。形がオレンジに似ていることが由来となっているそうで、シチリアのバールや惣菜屋さんには必ずある定番の一品です。

ライスコロッケとの違い

ライスコロッケとアランチーニは全然別物というわけではありません。ライスコロッケの一つにアランチーニがあります。ちなみに、シチリアでは球形以外にもいろいろな形のアランチーニがあるんですよ。

アランチーニの作り方

では、アランチー二の作り方をご紹介しましょう。

材料(4人分)

バター…40g
玉ねぎ…1/4個
お米…1カップ
コンソメスープ(お湯でコンソメの素を割っておきます)…450cc
白ワイン…50cc
トマトソース…100g
塩・こしょう…少々
モッツァレラチーズ…1/2個
小麦粉…適量
卵…1個
パン粉…適量
揚げ油…適量

作り方

1:玉ねぎをバターで炒め、飴色になるまでじっくり炒めたらお米を入れます。
2:1にコンソメスープを少しずつ入れ、お米に水分を吸わせ炊いていきます。
3:さらに白ワイン、トマトソースを入れ、塩こしょうで味を調えたら、バットに広げて冷まします。
4:食べやすい大きさに取り分け、1センチ各に切ったモッツァレラチーズを入れ丸めて成形します。
5:小麦粉、卵、パン粉の順につけ、中温の油(170)で、カラリと揚げて完成!

アランチー二のアレンジレシピ

美容効果up!マクロビ玄米でアランチー二

人参、玉ねぎ、椎茸、ニンニクをみじん切りし、オリーブ油で炒めます。小豆入り玄米ご飯、トマトピューレ、豆乳を入れて混ぜ合わせます。水分が飛んだら塩こしょう、ドライバジルで風味付けし、バットに広げて冷まします。丸く成形し、フライ粉を付け、キツネ色になるまでこんがり揚げたらできあがり!

お子さんもハマる!ウインナー入りアランチー二

みじん切りにした玉ねぎ、ピーマン、ウインナーをバターで炒め、塩こしょうで下味をつけます。ケチャップを入れて具材と馴染ませ、さらにご飯を加えてほぐしながら炒めます。ケチャップライスを食べやすい大きさに分け、4等分した小岩井オードブルチーズ「クリーミー」を1個ずつ入れ成形します。小麦粉、卵、パン粉の順につけ180℃の油でカラッと揚げればできあがり!

しらす入り!和風アランチー二

特集

SPECIAL CONTENTS