ローディング中

Loading...

ちゃんぽん、カステラなど有名な郷土料理も多い長崎県ですが、「ハトシ」はご存じでしょうか?長崎では、おかずやおやつとして食べられている名物です。今回は、長崎で長年愛されるハトシの歴史や秘密、食べ方や作り方、味などを紹介していきます。

長崎で育った郷土料理「ハトシ」

長崎の郷土料理といえば「カステラ」や「佐世保バーガー」など海外から入って独自に進化を遂げた料理が多いですよね。ハトシもそんな郷土料理のひとつなんです。中国から貿易を通じて伝わった料理で、そのおいしさから長崎に広く伝わり、長年愛されるまでになりました。

また、食パンの間にエビなどのすり身を挟んで油で揚げたもので、おかずのひとつとして食卓に並んだり、おやつのように手軽に食べられることもあります。

長崎ではメジャーなハトシですが、ハトシを食べたことがない、見たこともないという人も多いと思います。今回はそんなハトシの歴史からレシピ、おすすめの名店まで紹介します。

「ハトシ」って何?

発祥は明治から!ハトシの歴史

中国からハトシが長崎に伝わったのは明治のころだと言われています。明治時代はまだ洋食や中華料理など海外の料理が今より少ない時代。今でいう総菜パンのような味わいは、和食が中心の日本人にとって衝撃だったのではないでしょうか。

当時、伝わったばかりのハトシは瞬く間に広まり、日常的に食べられる家庭料理にまで発展したそうです。この時の具材は高価なエビに限らず、ひき肉や魚のすり身なども使って家庭ごとに工夫して作っていました。今では、店頭販売などで長崎名物として食べられています。ハトシのおいしさを知っているからこそ、伝承され続けているんですね。

何故「ハトシ」という名前に?

中国で発祥されたと言われているハトシは中国語で「蝦多士」という名前で今でも食べられています。「蝦(ハー)」はエビ、「多士(トーシー)」はトーストを意味していて中華風エビトーストといった意味の料理になります。油で揚げるという意味をつけた「炸蝦多士(ジャーハートーシー)」と呼ばれることもあるそうです。

そんな中国から入った「蝦多士(ハートーシー)」という呼び名を真似して生まれたのが、長崎県の「ハトシ」です。ハトシは日本だけでなく台湾にも伝わり、こちらでは「蝦吐司(ヘートースー)」と呼ばれているそうです。同じ料理ですが、地域ごとに名前が付いています。

長崎ではどういう時に食べられる?

昔は家庭料理として活躍したハトシですが、現在ではお店で食べることが多いようです。作るには工数がかかりますが、揚げたてはとてもおいしいんですよ。最初から作らなくても今では通販や店頭で冷凍したハトシを販売しているところも多くあります。油で揚げるだけでできたてが味わえるのは嬉しいですね!

また、ハトシから派生して「ハトシロール」というものも売られているようです。ロール状になったスティックタイプ、主に鯵のすり身を使用しています。プレーンのほかにもチーズやエビなどの種類があり、いろんな味が楽しめるのでこちらも人気があります。冷凍でも売っているようなので、ぜひ一度食べてみたいひと品ですね。

ハトシの材料と味は?

手間ひまのかかるハトシですが、材料は至ってシンプル。「食パン」「エビのすり身」「揚げ油」これさえそろえばおいしいハトシが家庭でも作れます!

ですが、一般的にエビのすり身は売っていない所が多いのではないでしょうか。そんな時は生のエビを買ってきてすり鉢ですりつぶすか、はんぺんや魚のすり身でも代用が可能です。ですが、ハトシはエビの風味があるとおいしいので半分ずつ混ぜてもいいかもしれませんね。食パンは耳があってもなくても大丈夫ですが、耳のないものを選ぶと火の通りが一定になります。

中身のすり身には野菜やつなぎ目的の卵、チーズや胡麻、ヒジキなどお好みの具材を混ぜて作る場合も多いようです。ただ、あまりゴロゴロいれると挟みづらくなりますので、具材を混ぜるときはすりつぶすか細かく刻むのが一般的なようです。

ハトシってどんな味?

味だけでいえばエビフライに近いかもしれません。ほとんどの原材料が同じなので、シンプルにエビのすり身と塩、食パンだけで作れば同じような味わいになると思います。

エビフライとの大きな違いはまず、エビをすり身にすること。これにより丸ごとのエビとは違ったフワッとした食感が生まれ、荒めにつぶせばエビ本来のプリプリとした食感も味わえます。中に野菜やチーズなどの具材を入れたりとアレンジできるところも魅力のひとつです。

もうひとつの違いは食パン。パン粉にせずそのまま使うことによって食パンのふんわり感を損なわず、また油に当たる面積が大きいのでパン粉よりサクッとした食感を味わうことができます。この食感の違いや味のバリエーションが今なお引き継がれていることが、ハトシの人気の秘密かもしれませんね。

基本のハトシの作り方

海老はみじん切りにして粘りが出るまでたたきます。蓮根はすりおろして海老と混ぜ合わせます。食パンに具材をまんべんなく塗り挟み、4つ切りにします。油できつね色になるまで揚げて完成です。

海老は少し大きめのものも混ぜておくと食感がプリッとしておすすめです。揚げる前の状態で冷凍できるので、おやつやごはん用にたくさん作っておけば、料理する手間も省けますね。

長崎で食べられる!おすすめの名店

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

佐世保バーガーを食べるなら!ハウステンボスでおすすめの店6選♩

長崎 ハンバーガー まとめ

たくさんの観光客が訪れることで知られる長崎の「ハウステンボス」。そのなかに長崎名物「佐世保バーガー」の認定店がいくつもあるのをご存知でしたか。それらの認定店とそのまわりにある、佐世保バーガーがおいしいと評判の…

長崎に行ったらコレ!ニューヨーク堂のふんわり「カステラアイス」を食べてみて

長崎 カステラ スイーツ

長崎に行ったらコレは外せないという名物グルメ「カステラアイス」をご存知?ふわふわのカステラで新鮮な牛乳たっぷりのバニラアイスをサンドした、老舗洋菓子店ニューヨーク堂のカステラアイスが絶妙なおいしさだと話題です。

トルコとは無関係!? 長崎名物「トルコライス」の由来を調査してみた!

長崎 洋食

長崎名物「トルコライス」をご存じですか?トルコ料理でもないのにトルコと名のつく、ちょっと気になるメニューです。長崎では多くのお店で注文でき、大人のお子様ランチとも呼ばれているそう。由来や歴史、レシピ、おすすめ…

佐世保バーガーキングも認めた!長崎「ミサロッソ」のミサモンスター♩

長崎 ハンバーガー ホットドッグ まとめ ランチ

人気番組 『youは何しに日本へ?』で取り上げられた、佐世保バーガーの名店「ミサロッサ(misa rosso)」。連日行列、待ち時間1時間はくだらない大人気のようですよ!名物メニューの「ミサモンスター」からお…

濃厚なコクにうっとり♩長崎銘菓「カスドース」にスイーツ好きが虜!

長崎

カステラにひと工夫して作られているのが、もうひとつの長崎銘菓『カスドース』なんです。その濃厚な甘さに、食べているうちにだんだんトリコになってしまう人が急増中とのこと。そんなカスドースの製法や気になるお味、購入…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【東京都内】また必ず食べたくなる絶品サンドイッチ8選

サンドイッチ テイクアウト おしゃれ まとめ

同じサンドイッチでもお店によって味付けや個性が違います。お店のこだわりがつまった絶品サンドイッチ。わざわざ訪れる価値はあります。一度食べたらリピート間違いなし!あれもこれも何個でも食べられそうです。

【決定版】2015年のバレンタインチョコ総まとめ!

チョコレート まとめ 和菓子 スイーツ

毎年この時期になると悩むこと…それはバレンタインにプレゼントするチョコレート選び。今回は、誰に渡そうか探しているうちに、段々と楽しくなってきたので、大まかに4つの基準を設けていろいろとオススメのチョコレートを…

コーヒーライフを豊かにするフレーバー10選♩ブラックだけじゃ物足りない時に

コーヒー まとめ

コーヒー好きの方は豆の味を楽しむためブラックで飲まれる方が多いと思いますが、フレーバーコーヒーも楽しんでみませんか?この記事ではカフェオレに合うフレーバー10選をお届けします。いつもとは違うコーヒーを飲みたい…

迷った時はこれを買えば大丈夫!岩手でおすすめの人気お土産7選

岩手 お土産 お菓子 まとめ

東北の太平洋側に位置する岩手県。旅行に行った時に、何をお土産にしようか悩んでしまうことってありますよね。今回は岩手県でおすすめのお土産を7つご紹介します。これを買っておけば間違いなし、という商品ですので、参考…

インスタで話題の「seiko_sato」さんのお弁当アイデアまとめ☆

お弁当 まとめ

今お弁当のアイデアがぎゅっとつまっているのがインスタグラム。その中でも特に「seiko_sato」さんのお弁当のアイデアが素晴らしかったので注目。一体どの様なアイデアにあふれているのでしょうか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

「マツコの知らない世界」で紹介!LCC各社のいちおし機内食が気になる

まとめ

人気番組「マツコの知らない世界」で、LCC(格安航空)機内で食べるべき絶品グルメが紹介されました。どの会社も、そこでしか味わえない貴重なメニューをそろえていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。旅をもっと…

連載記事

必見!コツをおさえた『基本の鮭フライ&タルタルソース』の作り方

揚げ物 おつまみ

よく肥えた鮭が手に入るこの季節は、鮭フライを作る絶好のチャンス!サックサクの衣に、ふわっと柔らかい鮭はビールとの相性バツグンです。「衣がベタつく」「生臭みが残る」などのお悩みも、今回ご紹介するコツをおされば解…

連載記事

シンプルが一番。お腹にしみる『基本の鮭茶漬け』の作り方

お茶漬け

飲みすぎて食欲がない、そんな日もありますよね。でも、何も食べないとツライのが続くだけ。そんな時は、さらさらっと口に入るシンプルなお茶漬けはいかが?基本をおさえて丁寧に作る鮭茶漬けなら、美味しくて箸が進むこと間…

milkpop

栄養士、製菓衛生師資格持ちのフリーライター。「読み物として楽しい記...

ページTOPに戻る