ライター : あんりちこ

日々の生活がちょっと嬉しくなるがんばらないお洒落ごはんを日々研究中。発酵食品や保存食で腸活を意識しています。

さつま揚げは冷凍保存できる

Photo by あんりちこ

さつま揚げは魚肉のすり身を成形して揚げた練り製品の一種です。加熱処理してあるので、冷凍保存できます。冷凍すると、長期保存ができるのはもちろんのこと、あともうひと品ほしいときのお助け食材になりますよ。

さつま揚げの冷凍方法

Photo by あんりちこ

冷凍保存期間:1ヶ月

1ヶ月を目安になるべく早く食べましょう。煮物やおでんなどには、凍ったまま調理できるので便利ですよ。さつま揚げからだしが出て、おいしく仕上がります。自然解凍し、さっと火にあぶって食べたり、フライパンで焼いたり、使い勝手のよい食材です。

1. 油抜きをする

Photo by あんりちこ

さつま揚げの両面にお湯をかけ、油抜きをします。

2. 水分を拭き取る

Photo by あんりちこ

キッチンペーパーでしっかりさつま揚げの水分を拭き取ります。

3. ラップで包む

Photo by あんりちこ

さつま揚げをひとつずつラップで空気が入らないように包みます。

4. 保存袋に入れる

Photo by あんりちこ

ジッパー付きの保存袋になるべく空気を抜いて入れ、冷凍します。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ