さつま揚げがおいしいレシピ20選!煮物/炒め物/食べ方いろいろ

軽く焼いてそのまま食べたり、おでんの具材として食べられている「さつま揚げ」。他にもいろいろな食べ方があるのを知っていますか?さつま揚げを使った、おでん以外の煮物や炒め物など、人気のレシピを20選ご紹介します。さつま揚げの本領発揮の力だ!

さつま揚げの大活躍レシピ

鹿児島県の特産でもあるさつま揚げは、魚のすり身に地酒と調味料を混ぜて菜種油で揚げたもの、ちなみに鹿児島では“つけあげ”、沖縄では“チキアゲ”と呼ばれています。魚のすり身にはいとより鯛、えそ、たら、ほっけ、鯵などが使われています。

おいしい食べ方は?

しっかり味付けされているので、そのままはもちろん、ワサビ醤油やショウガ醤油、マヨネーズやソースで食べるのもおすすめです。冷たいまま食べるのが好きな方も、フライパンやトースターで軽く焼いて食べるのが好きな方もいます。急いで食べたい時は電子レンジで温めてもおいしいですよ。
今回は、市販のさつま揚げを使った「煮物」「炒め物」「和え物・汁物」のおすすめレシピを20選ご紹介します。これまでのさつま揚げレシピの考えが変わるはず!

定番の食べ方!さつま揚げの煮物レシピ7選

1.ゼンマイとさつま揚げの煮物

材料をすべて鍋にいれて、あとは煮ていくだけの簡単調理なので、煮物が苦手な人にもおすすめのレシピです。だし汁と調味料を入れ煮立たせたら、食材を入れてコトコト煮込んでいきます。ほんのり苦味のあるゼンマイですが、さつま揚げの適度な油と旨みでうまく味がまとまりアクセントとして生きてきます。夕食のおかずやお酒のつまみにもいいですよ。

2.さつま揚げのコクが生きるホク旨レシピ

鹿児島の特産物であるさつま揚げと、さつまいもを合わせたホク旨の煮物レシピ。砂糖醤油のおいしさとさつま揚げのコクをさつまいもが吸って、柔らかくホクホクに仕上がります。前もって作っておくことで常備菜にもなり、お弁当のおかずとして重宝しそうですね。さつまいもが煮崩れないように、煮汁が温まったら弱火で煮込むのがポイントですよ。

ITEM

国産 鳴門金時

内容量:1本

¥3100〜 ※2018年8月10日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

3.さつま揚げとシシトウの煮物

さつま揚げとししとうはカットして、まず軽く炒めてから調味料の材料を加えて煮ていきます。炒める時にごま油を使うので、香りと香ばしさが加わって風味がきいた仕上がりになります。食べごたえのあるさつま揚げにほんのり辛いししとうがアクセントになって、食べ飽きることはありません。

ITEM

国産 ししとう

内容量:1パック

¥300〜 ※2018年8月10日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

4.小松菜とさつま揚げのレンジ煮

特集

SPECIAL CONTENTS