【作り置き】夏でも食べたい 冷やしおでん

20 分

「冷やしおでん」のレシピと作り方をご紹介します。寒い時期に食べたくなるおでんをトマトやオクラなどの野菜であっさりと仕上げました。だし汁が染み込んだ大根はおでんの醍醐味。お好みの夏野菜を使って作ってみてください。

ライター : macaroni 料理家 はまり

料理研究家

料理家アシスタント、フリーでの活動をしながら食品流通会社TV撮影用フードスタイリング、制作会社で広告のスタイリングや企業へのレシピ提供に携わった後、macaroniに参加しました。 m…もっとみる

材料

(2人分)

下ごしらえ

・大根は皮をむいて1.5cm幅に切ります。
・オクラは塩で板ずりをしてうぶ毛を除きます。
・さつま揚げは湯通しして油抜きをします。

作り方

1

トマトのヘタを除き、切り込みを入れます。鍋に水(分量外)を入れて沸騰させ、トマトを30秒入れて冷水に浸し皮を湯むきします。

2

新しい鍋に大根、だし汁を入れて沸騰させます。(a)を加えて落し蓋をし、弱火で10分煮込みます。

3

さつま揚げ、オクラを加えて1分ほど煮て火からおろします。卵を加えて粗熱をとり、トマトを加えて清潔な保存容器に入れ冷蔵庫で2.3日を目安に召し上がってください。

コツ・ポイント

・トマトは湯むきすることで味が染み込みやすくなります。 ・ゆで卵を加えてから粗熱をとることで卵にだし汁の味が染み込みます。
▼夏に食べたいレシピ

特集

FEATURE CONTENTS