基本のハトシの作り方

エビはみじん切りにして粘りが出るまでたたきます。蓮根はすりおろし、エビと混ぜ合わせます。食パンに具材をまんべんなく塗り挟んで4つ切りにし、油できつね色になるまで揚げて完成。

エビは少し大きめのものを混ぜておくと食感がプリッとしておすすめです。揚げる前の状態で冷凍できるので、おやつやごはん用にたくさん作っておけば、料理する手間も省けますね。

長崎で食べられる!おすすめの名店

長崎の老舗料亭「料亭 一力(いちりき)」

創業文化10年(1813年)という古い歴史を持つ「料亭 一力」。長崎の代表的なしっぽく料理を堪能できます。落ち着いた趣のある個室や美しい庭が楽しめる広々としたテーブル席が用意されているので、ゆっくりとしたひとときを過ごせますよ。

ハトシも楽しめる「姫重しっぽく」

3,300円(税込)
しっぽく料理とは、和食、中華、洋食を融合した料理。本場のハトシは、「姫重しっぽく」で味わうことができます。ぶつ切りのエビと魚のすり身、山芋、ネギなどが使われていて、エビのプリッとした食感とふわふわのすり身のバランスが最高。丁寧に作られる老舗料亭のハトシを味わってみてください。お昼限定で予約が必要なメニューなので注意してくださいね。
店舗情報

遠い方はぜひ通販で!

ITEM

長崎蒲鉾 平成長崎俵物長崎ハトシロールセット

¥1,944

内容量 : プレーン3本入×2袋・チーズ3本入×1袋 保存方法 : 要冷凍 賞味期限 : 冷凍180日

※2021年2月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
お店に訪れることができない場合は、通販でお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。油で揚げたり、オーブントースターで温めたりして、食べたいときに手軽に食べられます。

ケチャップやマヨネーズをつければ、魚介類が苦手なお子様もスナック感覚で食べられますよ。冷凍庫に常備しておけば、お弁当のおかずや夕食のひと品しても活躍しそうですね。

ぜひ一度ハトシを食べてみてはいかが?

たくさんある長崎の郷土料理のなかでも隠れた逸品「ハトシ」。手間がかかるので普段作るのはむずかしいですが、中の具材をひき肉やはんぺんに変えたり、たくさん作って冷凍保存しておいたりと、工夫しだいでいろいろな楽しみ方ができます。

ハトシを手作りするときに旬の野菜を使うと、季節感が出ておすすめ。夏は大葉や生姜、ミョウガなどの薬味、冬はゆずやトウガラシの風味を効かせるといいですよ。もし長崎を訪れることがあれば、ぜひ本場の味も確かめてみてくださいね。お土産にも最適ですよ♪
※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。

特集

FEATURE CONTENTS