6. ゴーヤと玉ねぎのツナサラダ

Photo by macaroni

調理時間:15分

ゴーヤを塩もみし、生のまま食べるサラダです。しゃきっとした食感が楽しめます。ツナやマヨネーズでコクを増すのがポイント。

ゴーヤを生のまま食べると、カリウムやビタミンCを効率よく摂れます。ゴーヤの苦みが好きな方におすすめのひと品です。(※3,6)

7. ゴーヤと鶏ささみのごまマヨサラダ

Photo by macaroni

調理時間:20分

ゴーヤと鶏ささみで作る、ボリュームのある副菜です。マヨネーズで和えることで、ゴーヤの苦みが和らぎますよ。

また、下ゆでは電子レンジでおこないます。ビタミンCの流出が抑えられるので、ゴーヤの栄養を効率よく摂取できますよ。(※12,13)

ゴーヤの栄養を活かすレシピを試してみよう!

ゴーヤにはビタミンCやカリウム、不溶性食物繊維などの栄養素が多く含まれています。塩分の摂り過ぎによるむくみや、便秘が気になる方におすすめの食材ですよ。

また、ゴーヤの苦み成分であるモモルデシンにも健康維持に役立つ作用があります。ぜひ、ゴーヤの栄養や苦みを活かすレシピを試してみてくださいね。
【参考文献】
※1 八訂食品成分表2021|女子栄養大学
(2021/10/14参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ