くるみとの違いは?ペカンナッツの栄養&人気スイーツレシピ5選

おやつやおつまみに人気の「ペカンナッツ」。見た目はくるみにそっくりですが、一体違いはどこにあるのでしょうか?今回は、ペカンナッツについての基礎知識と、含まれている栄養成分、さらには人気のスイーツレシピまでご紹介しますよ。

2017年10月31日 更新

ペカンナッツ(ピーカンナッツ)とは

カリカリとした食感と香ばしさがおいしいナッツ。みなさんはどんなナッツが好きですか?くるみやアーモンドなど、いろいろなナッツが手軽に買えますが、今回はくるみを細長くしたような「ペカンナッツ(ピーカンナッツ)」についてお話ししたいと思います。

普段食べているナッツとは、どう違うのでしょう?

ペカンナッツもくるみ

ペカンナッツはくるみ科の一種です。甘みが強く、渋みが少ないのが特徴で、古くからアメリカで食べられています。脂肪分がとても多く、全体の約73%を占めていることから、別名「バターの木」とも言われています。

カロリー

脂肪分の多いペカンナッツのカロリーは、100gあたり702kcal。同量のくるみは674kcal、アーモンドは613kcal、カシューナッツは576kcalです。これらに比べると、ペカンナッツはナッツ類のなかでも高カロリーであることがわかりますね。

※くるみ以外は「フライ、味付け」の数値を参照しています。

ペカンナッツの栄養と効果効能

1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

TK

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう