ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

【主食】じゃがいもとチーズのレシピ8選

1. オーブンで焼くだけ。じゃがいもミルフィーユ焼き

Photo by macaroni

たっぷりのじゃがいもをスライスして、耐熱容器にベーコンと交互に重ね、調味した卵液をかけてグラタン風に焼くレシピです。もちろん、その上にはとろけるチーズがたっぷり。マスタードソースをつけて食べると、しっかりした主食になるだけでなく、ワインのおつまみにもよく合いますよ。

2. フライパンで簡単。じゃがいものチーズガレット

ガレットというとそば粉のものをイメージしがちですが、フランスではじゃがいものガレットが一般的。千切りしたじゃがいもに材料を混ぜ合わせたら、形を整えて、フライパンで焼くだけで簡単に作れます。

両面にしっかり焼き色がついたガレットは、そのままでもおいしいですが、好みの調味料をつけてもいいですね。

3. じゃがいもとたっぷりチーズ。キッシュ風グラタン

パイ生地を使用せずに作る、グラタン風の簡単なキッシュです。卵液を作るときに、コンソメ顆粒と水を先に混ぜておくのが、味にムラがなくおいしく仕上がるコツ。レンジとトースターで作れるうえ、耐熱容器ひとつあればできるので、後片付けが楽で洗い物も少なくて済みます。

4. 揚げずに炒りパン粉をかける。スコップコロッケ

油で揚げずに炒ったパン粉をかけるだけでできる、スコップコロッケを作ってみましょう。揚げないのでコロッケが破れたり、型崩れしたりする心配もありません。

じゃがいもやひき肉などで作るフィリングに、小さめのチーズを埋め込むのがポイント。食べる直前にパン粉をかけると、サクサクしておいしいですよ。

5. こってり!ニョッキとほうれん草のチーズクリーム

ニョッキとはじゃがいもと小麦粉で作る、丸いパスタのことです。家庭でも作れますが、レシピでは市販品を使用しています。作り置きのホワイトソースに、とろけるチーズを加えるとさらに濃厚な味わいに。ほうれん草の彩りがよく、ニョッキが入っているので、食べごたえもしっかりあります。

6. ボリュームたっぷり。ジャーマンポテトグラタン

ホワイトソースで作るマカロニグラタンのレシピで、具材には玉ねぎとベーコン、じゃがいもがたっぷり入っています。じゃがいもを半月切りにしますが、火の通りをよくするため、薄めに切るのがポイント。まるでジャーマンポテトとグラタンを、同時に食べているような味わいですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ