ローディング中

Loading...

あさりは3月下旬から5月にかけてが産卵期です。この時期には身が肥えておいしいエキスが詰まった大きなあさりが収穫されます。潮干狩りもそろそろ始まるころ!今回はあさりの下ごしらえ「砂抜き」とオイシイあさりレシピをご紹介します。

あさりの旬はいつ?

アサリの旬は春と秋。日本では3月~5月!

あさりは日本や朝鮮半島、フィリピンなどに生息する貝です。現在ではアメリカやヨーロッパでも移入されており世界中で食べられています。
水温が20度ほどになると産卵をするため、日本では春と秋が旬です。
気候にもよりますが日本では3月下旬から5月にかけて潮干狩りが行われますよね!
5月を過ぎると貝毒などの問題で夏場はあまり食べられなくなります。
砂地の10センチほどの深さに住んでいるため、潮干狩りでとったあさりは体内に砂を含んでいます。
そのため、下ごしらえとして砂抜きが必要です。

一般的な砂抜きの方法

砂を抜くには濃度3.0% - 3.5%程度の塩水にあさりをつけて暗くしておきます。夏場は2-3時間、冬場は8-12時間(一晩)ほど放置すると体内の砂を吐き出します。
バットを使うとあさりがはきだした砂が網の下に落ちるためうまく抜くことができますよ!

裏ワザ♪たった5分の簡単あさりの砂抜き法

お湯を使って簡単に砂抜きをする方法があるのでご紹介!
この方法だと5分で砂が抜けるので、調理と並行しながら買ってきたあさりの下ごしらえができますよ!

あさりを使ったおいしいレシピ5選

1.あさりとたこの香草炒め

あさりの蒸し物に、タコとイタリアンなお野菜を加えました。
ワインで蒸すとよりくさみも抑えられて濃厚に仕上がりますよ!
さっと火を通すだけのレシピですので5分ほどで完成する簡単レシピです。

2.あさりのトマトスパゲッティ

あさりの味を堪能できるスパゲティといえばボンゴレビアンコがおいしいですよね。
こちらはトマトソースで仕上げるアサリスパ「ボンゴレロッソ」です。白ワインでしあげるボンゴレビアンコよりもボリュームが出るので、男性やお子様のいる家庭ではこちらがおススメです。

3.辛子明太子とキムチのピリ辛あさり・パエリア

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おやつ レシピ さつまいも アレンジレシピ

炊飯器を活用した干し芋の作り方やおいしい食べ方、アレンジレシピなどご紹介。蒸して天日干しにするだけで簡単に作れます。そのまま食べるもよし、炙ったりバターで焼いたりしてもよし、おかずやスイーツにアレンジしてもよ…

アレンジレシピ 韓国料理 レシピ まとめ

定番かつ人気の韓国料理「トッポギ」。実は、自宅で簡単に作ることができるんです!甘辛いタレでいただくイメージが強いですが、どんな味付けにも合う優れもの◎ スイーツにも変身するんですよ。今回は、そんなトッポギの基…

ミートソース パスタ レシピ 作り置き まとめ

子どもから大人まで人気のパスタと言えば、ミートソースですよね。今回は、基本のレシピや簡単なコツ、さらにアレンジレシピもご紹介。冷凍ストックしておくこともできるんですよ◎ おいしいミートソースを作って、いろいろ…

レシピ

香ばしいアーモンドとクッキーの相性が抜群の「フロランタン」。ケーキ屋さんなどで目にしますが、じつはお家で手作りすることができるんですよ!今回は、本格フロランタンのレシピや、簡単に作れる人気のアレンジをご紹介し…

ステーキ レシピ

今回は、せっかくのステーキにぴったりのおいしいステーキソースのレシピをご紹介します。家庭に普段からある一般的な調味料を使って簡単にできる作り方です。高価なお肉を用意できなかった時でも、おすすめのステーキソース…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 サンドイッチ まとめ

お子様が少し大きくなって来て、ママの調理を興味津々に見ていること、ありませんか?もし、そんなお子様がいたら是非お弁当作りに誘ってみてください。自分で可愛い動物のお弁当が出来たらすごく喜んでくれますし、ママも助…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ローストビーフ

お肉料理と「キリン 生茶」のマリアージュをご紹介。「ワイルドな味わいに合うの?」と不思議に思うかもしれませんが、奥行きのある深い味わいが、お肉の繊細なうまみを引き立てるんですよ!料理研究家・きじまりゅうたさん…

おにぎり お弁当

カレーや麻婆豆腐など、人気の定番おかずがおにぎりの具に変身する「おにぎり丸®️」をご紹介します!ボールのような見た目なので、スポーツキッズの応援弁当にぴったり。おにぎりをテニスボールや野球ボール風にデコるアイ…

納豆 レシピ ハロウィン

納豆を使ったハロウィンメニュー5種をご紹介します!「個性が強い納豆は洋食に合わない」なんてもったいない!トロッととろける食感と濃厚なうまみが、どんな食材とも相性抜群なんです♩見た目もかわいく、意外性たっぷりな…

misokko1

お休みの日にはにゃんことイモリを眺めて過ごすのが至福です。喜んでい...

ページTOPに戻る