ローディング中

Loading...

パスタや汁物を旨みたっぷりにしてくれる「あさり」は、保存方法によって長期保存が可能で、しかも旨みがグンと増すんですよ!おいしくて栄養豊富なのに、あまり日持ちしないあさりの保存法から解凍法まで詳しくご紹介します。

じつは長期保存が可能なあさり

あさりは、鉄分やB12が多く含まれた、貧血予防に役立つ食材です。また、アミノ酸の一種タウリンなどが多いことから肝機能の正常化に役立ち、滋養強壮・疲労回復効果があることで知られています。そのほか動脈硬化の予防や、目の網膜機能を高めるなど、とにかくカラダにいいことばかり。そして、栄養豊富なあさりに注目すべき点は、なんといっても安価で手に入りやすく、しかも旨みがバツグンということでしょう。

しかし、残念ながらあさりは冷蔵保存だと2~3日が限界です。それに、あさりが呼吸しやすいよう工夫したり、弱っているものなどを取り除くため、小まめに様子を見ながら管理しなければなりません。

そこで、おすすめしたいのが“冷凍”保存です。

長期保存が可能で、しかも、使いたい分だけ取り出せるんですよ。「冷凍すると、おいしさが半減するのでは?」といった心配もご無用です。むしろ、冷凍することによって旨みを感じやすくなります。冷凍保存の活用で、あさりを使ったお料理の幅がさらに広がるはずです!

冷凍保存のメリット

あさりを冷凍保存するメリットは、なんといっても長期保存が可能ということ。でも、ほかにも嬉しい副産物があります。

冷凍保存であさりの旨みがUP

冷凍保存したあさりを使用した、だし汁、お吸い物などの旨みが増すことは、食品研究において明らかにされています。(エフシージー総合研究所/産経新聞2015年2月27日掲載)

ところが、あさりは冷凍保存によって旨み成分そのものが増加するわけではありません。ではなぜ、旨みが増したように感じられるのかというと、あさりを冷凍保存すると貝の身の組織が壊れて、身から旨み成分が流れ出るからなのだそうです。

ちなみに、あさりの旨み成分はコハク酸・遊離アラニン・遊離グルタミン酸・遊離タウリン。これらの成分は旨みだけではなく健康効果に優れ、二日酔いにも効くとされています。ちなみに、タウリンは水溶性の性質をもっているので、汁物料理なら余すことなくいただけますよ!

必要なとき、必要な分だけ使える

いくら旨みたっぷりで栄養満点でも、潮干狩りや特売で大量に手に入れたあさりを、なんとか悪くなるまえに食べようと、毎食いただくのは大変です。しかし、冷凍保存なら、料理に使いたいとき、必要な分だけ使えるという便利さがあります。

それに、あさりの栄養をちょくちょく補給できるということは、ダイエットや美容にも大きく影響します。なぜならば、ヨガや薬膳料理によるデトックスの考え方は、肝機能を高めること。そして、あさりは肝機能をアップするといわれる食材です。つまり、あさりの冷凍保存は、毎日の食生活にヨガや薬膳料理並みのデトックス効果をプラスしてくれるということになります。

冷凍すると保存期間はどうなる?

おおよそ、賞味期限(おいしく食べられる期限)は1か月という感じです。

あさりは冷凍で6か月は保存できるといわれています。ただ、冷凍とはいえ確実に風味は落ちていきます。そのため、3か月経過した時点で冷凍あさりを調理して食べた人が、相当な味の劣化を感じガックリしたという話も耳にします。

したがって、冷凍したあさりの保存期間は1か月と考えてよいでしょう。

冷凍保存の方法

あさりを冷凍保存するまでの手順はこのような感じです。ただし、②の塩抜きはスーパーから買ってきたものには必要ありません。順番に説明していきますね。

① 砂だし → ② 塩抜き → ③ 洗い → 冷凍保存

① 砂だし

砂だしとは、貝殻のなかに入っている砂を吐かせることです。

【潮干狩りであさりを獲った場合】

潮干狩りで獲った貝の表面には、食中毒の原因になる「腸菌ビブリオ」が付着している可能性があるので、真水で殻と殻を優しく擦り合わせるように洗います。そのあと、ザルに貝を入れてクーラーボックスなどに入れ、貝がつかる程度の海水を入れます。

ザルに入れて下に密着しないよう海水にひたすのは、貝が吐いた砂が下に落ちるので、その砂を再度吸い込まないようにするためです。潮干狩りで海水を汲み忘れた場合は、塩分3%の塩水を作って活用してください。

【スーパーでアサリを購入した場合】

軽く洗ったあと、ザルに貝を入れボウルにセットするか、網付きバットなどに貝を並べます。海水は塩分が約3%ですので、水100ccに対して3gの塩を入れて塩水を作り、それを貝がつかる程度ひたします。ただし、必ず天然塩を使用してください。ちなみに、水1リットルに対して塩大さじ2杯ぐらいです。

スーパーで売られている”あさり”のなかには、すでに砂だししているものも少なくありません。しかし、それでもまだ砂が残り、食べたときにジャリッとする場合があります。念のため、必ず砂だしを行ってから冷凍する方が安心ですよ。
【砂だしのポイント】

砂だしや塩抜きをする前に、あさりを強く洗ってしまうと口を閉じてしまうことがあります。はじめは優しく洗い、しっかり洗うのは塩抜きあとにしましょう。海水ではなく塩水を使う場合、を入れておくと、あさりは砂をどんどん出してくれるという説もあります。

なお、密集し過ぎるとあさりが酸欠になり、砂だしのペースが遅くなるので、十分なスペースをつくってあげましょう。また、冷たすぎると貝が仮死状態になり、砂を吐かなくなるので要注意です。20度ぐらいの水温が適切とのことです。

砂だしは2~3時間程度にしておきましょう。あまり長く水につけておくと貝が弱ってしまいます。砂だしをするあいだは、新聞紙やチラシなどで蓋をして、静かな冷暗所に置いてください。ちょくちょく蓋をあけて確認するのも控えてくださいね。

砂だしの際は水がはねることがあるので、水浸しにならないよう下に新聞紙などをひいておきましょう。あと、あさりが呼吸できなくなるのでラップでの密封は厳禁です。

② 塩抜き

塩抜きとは、貝が含んでいる潮(海水)を出させることです。

潮干狩りであさりを獲った場合は必ず塩抜きを行ってください。これを行わないと、食べた途端「しょっぱい!」と叫ぶことになるかもしれません。基本的に、スーパーで購入した場合は塩抜きの必要はないといわれています。

砂だしした貝をザルにあけ、そのまま1時間ほど常温で置いておきます。その間に潮を出してくれます。その際、貝が乾かないよう濡れ布巾をかけてください。なお、室温が高い季節は、冷蔵庫に2時間ぐらい置いて行いましょう。

③ 洗い方

あさりの殻と殻を擦り合わせて、しっかりと洗います。表面の汚れやヌメリを落とし、料理に臭みがでないようにするためです。なお、貝同士を擦り合せて洗っていると、生きている貝はカチカチという音がしますが、死んでいる貝は濁ったような鈍い音がするそうです。

聞き分けるのはなかなか難しそうですが、簡単に死んでいる貝を見分ける方法があります。水なしでボウルなどに入れて、あさりをグルグルかき混ぜたとき、貝の口をグッと閉じているのは生きている貝、口が開いたままのものは死んでいる貝です。死んでいるものは、残念ですが冷凍せずに捨てましょう。

なお、殻同士を擦り合わせてゴリゴリする洗い方ですが、あまりにも強く擦り合せると、殻が割れてしまうことがあります。そうなると貝が死んでしまうので、ご注意くださいね。

用途で選べる冷凍保存

旨み汁も一緒に冷凍

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ スイーツ スムージー まとめ

甘味とさわやかな酸味が人気のキウイ。みなさんが好きなキウイレシピはありますか?スイーツだけでなくサラダやお肉に使えるソースまで思う以上に色々な使いかたができるんですよ。デザートはもちろんお食事にもぴったりなキ…

ハロウィン おにぎり レシピ まとめ

秋のメインイベントといえばハロウィン!最近では仮装だけではなく、料理やお弁当にハロウィンテイストを取り入れる楽しみも、イベントをさらに盛り上げているようです。手軽にできるハロウィンおにぎりの作り方や人気のキャ…

ホットケーキミックス マフィン レシピ まとめ

ホットケーキミックスはホットケーキだけじゃなくおいしいマフィンも作れます。甘味も含んだホットケーキミックスを使えば、マフィン作りも簡単。最短5分でできる手軽なものもご紹介します。ホットケーキミックスで作るマフ…

まとめ

海外からの輸入食品やたっぷり大容量のフードがたくさん取り揃えられている「コストコ」。家族連れはもちろん、おしゃれ食材を買いたい方の間でも人気ですよね!今回は秋に買いたい商品をご紹介します。2017年の新商品も…

ハロウィン レシピ スイーツ まとめ

かぼちゃが旬を迎える秋、かわいい黄色いかぼちゃクッキーがおすすめです。今回はサクサクほろほろ食感にする作り方を実践でご紹介!ホットケーキミックスを使った簡単レシピやハロウィンにも使えるかわいいアレンジテクなど…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

中山陽子

ライター たまにイラストレーター ファブリックスのデザイナーから...

http://yokonakayama.jp/

ページTOPに戻る