賞味期限を延ばす「あさり」の冷凍保存&解凍方法!砂抜き方法も必見!

とってもおいしいので、賞味期限が短いあさり。そんなあさりの賞味期限を延ばせるのが冷凍保存なんです。冷凍することであさりのうまみもぎゅっと閉じ込められるので、よりおいしく食べることができるんです。ぜひ試してみてくださいね!

2019年4月4日 更新

必要なとき、必要な分だけ使える

いくら旨みたっぷりで栄養満点でも、大量に手に入れたあさりを毎食いただくのは大変です。しかし、冷凍保存なら料理に使いたいとき、必要な分だけ使えるという便利さがあります。

冷凍すると長期間の保存が可能!

おおよそ、賞味期限(おいしく食べられる期限)は約1か月。あさりは冷凍で6か月は保存できるといわれています。しかし、3ヶ月を経過した時点で冷凍あさりを食べた人が相当な味の劣化を感じたという話もあるので、冷凍保存したあさりの保存期間は1ヶ月ほどがおすすめです!

冷凍保存するための下準備方法

あさりを冷凍保存する前に下準備が必要です。下準備には「 1. 砂抜き → 2. 塩抜き → 3. 洗い」の3つの工程があります。ただし、2.の塩抜きはスーパーから買ってきたものには必要ありません。また、冷凍方法は使い勝手や家族の人数、用途によって変わります。これより詳しく説明していきましょう。

1. 砂抜き

砂抜きとは、貝殻のなかに入っている砂を吐かせることです。潮干狩りに行った際には、合わせて砂抜き用の海水を持って帰ってくるようにしましょう。スーパーで買って来た場合、砂抜きをするには塩分3%の塩水を作ってあさりをつけましょう。
▼詳しい砂抜きの方法はこちらにてご紹介しています。
2 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

中山陽子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう