「小豆(あずき)」の効果効能が丸わかり!活用レシピも押さえよう

素朴な味わいの「小豆(あずき)」。今回は、そんな小豆の効果効能についてまとめてみました。また、作っておくと便利な「ゆで小豆」の作り方や活用レシピ、栄養を逃がさない「小豆水」についてもご紹介します!小さくても、いろんな効果が期待できるんです。

2019年9月17日 更新

飲む量とタイミング

飲むタイミングは、食前がおすすめ。一日に450〜500ccの量を、毎食に分けて飲みましょう。ただし、お腹をこわしてしまうことがあるので、目安量以上は飲まないようにしてくださいね。

小豆パワーを堪能して!

小豆は、ダイエットをサポートしてくれるすぐれもの。そのうえ、アンチエイジングにも役立つので、女性にとってうれしい食材といえますね。 また、ゆで小豆を常備しておけば、ハンバーグのタネやサラダ、野菜炒めにも使えるので、いつでも小豆の効果を体感できます。あなたの生活に、小豆を取り入れてみませんか?
【参考資料】
▼ほかにもこんな小豆レシピがありますよ!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS