「小豆(あずき)」の効果効能が丸わかり!活用レシピも押さえよう

素朴な味わいの「小豆(あずき)」。今回は、そんな小豆の効果効能についてまとめてみました。また、作っておくと便利な「ゆで小豆」の作り方や活用レシピ、栄養を逃がさない「小豆水」についてもご紹介します!小さくても、いろんな効果が期待できるんです。

小豆のダイエット効果

炭水化物の代謝

小豆に多く含まれるビタミンB1には、炭水化物の代謝をサポートする働きがあります。(※1)積極的にビタミンB1を摂取することで炭水化物の代謝がスムーズにおこなわれ、蓄積される前にエネルギーとして消費されるようになります。

むくみ対策

小豆は、カリウムを豊富に含む食材。カリウムはナトリウム(塩分)と深いつながりがあり、両者のバランスによって体内の水分バランスが変わってきます。

ナトリウムを過剰摂取すると細胞内に水分が溜め込まれ、むくみの原因になりますが、カリウムを摂取することで、増えすぎた分の塩分を体の外へ排出し、むくみ対策へとつながるのです。(※2)

便秘対策

小豆には、不溶性(水に溶けにくい)の食物繊維が多く含まれています。腸を刺激したり、便を押し出すぜん動運動を促す作用が認められており、便秘対策に効果的です。また、腸内で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える作用もあります。(※3)

小豆のそのほかの健康効果

疲労回復

先ほど、ビタミンB1には炭水化物の代謝をサポートする働きがあると書きましたが、実は疲労物質の代謝を助ける働きもあるんです。

運動をすると、「乳酸」という疲労物質が体内に生成されます。ビタミンB1には、乳酸の代謝を促してエネルギーに変換する作用があるので、すみやかな疲労回復をサポートしてくれますよ。(※1)

二日酔い対策

小豆に含まれるサポニンという成分には解毒作用があり、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解をサポートする効果があります。サポニンを積極的に摂ることで、原因物質の分解が速やかに進み、二日酔いになりにくくなります。(※4)

アンチエイジング

小豆には、抗酸化作用の強いポリフェノールが豊富に含まれています。ポリフェノールといえば赤ワインですが、小豆のポリフェノール含有量は赤ワインよりも多いんです!(※5)

ポリフェノールの抗酸化作用は、わたしたちの体(細胞)を酸化させることにより老化を促進させる「活性酸素」という物質を、無害なものにしてくれます。(※6)その結果、アンチエイジングにつながります。

便利なゆで小豆の作り方

いろんな効果が期待できる小豆ですが、正直下ごしらえが大変という印象……。そこでおすすめしたいのが「ストック小豆」。あらかじめ作って常備しておけば、どんなレシピにもすぐ使えて便利です。作り方も簡単ですよ。

鍋での作り方

1. 鍋に小豆30gと水450ccを入れ、ひと晩漬けておきます。

2. 1を火にかけ、沸騰し始めたら中火にして、さらに30分ゆでます。

3. 火を止めてそのまま冷まし、容器に入れ替えて冷蔵庫で保存します。

ボトルでの作り方

1. 小豆75gを洗って保温ボトルに入れ、沸騰したお湯400ccをボトルいっぱいに入れます。今回の小豆とお湯の量では、480〜500ccのボトルを使いましょう。

2. 加熱のムラをなくすためにボトルを軽くシェイクして横にし、6〜8時間置きます。

3. ボトルに塩少々を加えて、軽くかき混ぜたら完成です。

注意点

特集

SPECIAL CONTENTS