ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

オレンジジュースに含まれている栄養成分

ビタミン類

まず、オレンジと聞いて思い浮かぶのが「ビタミンC」ではないでしょうか? もちろん、オレンジジュースにも豊富に含まれています。また、ビタミンB群の一種「葉酸」も、オレンジジュースにはたっぷり入っているんですよ。(※1)

ミネラル類

ミネラルには、カルシウムやナトリウムといった無機質の栄養成分が分類されるのですが、なかでもオレンジジュースに多く含まれているのが「カリウム」という成分。どのようなはたらきを持つかは、下記でお話ししますね。(※1)

【健康】オレンジジュースの効果効能

免疫力を高める

風邪をひいたときにはビタミンC。誰もが認識していることですが、実際にビタミンCのどのようなはたらきが風邪対策につながるのでしょうか?

風邪の原因となるウイルスや細菌は、体内で白血球により退治されます。ビタミンCは、この白血球の機能を強化するはたらきをもっているため、風邪対策に役立つと言われているんですね。(※2)

ミネラルの吸収を高める

柑橘類に含まれるクエン酸には、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを吸収しやすくする「キレート作用」というはたらきがあります。ミネラル類が体に取り込まれると、クエン酸が包み込んで酸化から守ってくれますよ。(※3)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ