いつ飲むのがいい?「オレンジジュース」の効果効能を調べてみた

幼い頃から馴染みの深い「オレンジジュース」。実は、いろんな効果効能が期待できるとされているんですよ。今回はオレンジジュースに含まれている栄養素や効果効能、飲み過ぎによる影響、飲むのにおすすめのタイミングまで調べてみました!

2019年3月27日 更新

貧血対策

貧血の原因のひとつに赤血球不足が挙げられます。そこで摂取したいのが、オレンジジュースに含まれている葉酸です。葉酸には、ビタミンB12と一緒に赤血球の生成をサポートする役割があり、貧血対策に効果的なんですよ。(※3)

【美容】オレンジジュースの効果効能

美肌効果

ビタミンCは、コラーゲンの生成をサポートする働きがあります。(※1)肌は表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっているのですが、コラーゲンは真皮の中で網目状に存在しており、表皮を支えています。コラーゲンが不足すると支えが不十分となり、しわやたるみの原因に。

ビタミンCによってコラーゲンを効率的に生成することで、内側から肌作りをサポートし、美肌につながるんです。

むくみ対策

カリウムには、細胞の浸透圧をナトリウムとともに維持・調整する働きがあります。体内のナトリウムが増加すると、細胞内に水分が溜め込まれてむくみの原因に。そこでカリウムを摂取することにより、余計な塩分が排出されるよう働きかけ、むくみ対策につながるのです。(※4)

オレンジジュースを飲み過ぎたらどうなる?

オレンジジュースには、加工段階で保存性を高めるために砂糖が加えられていたり、100%ジュースでも果物特有の「果糖」という糖が含まれています。そのため量を気にせず飲んでいると、糖の過剰摂取になりメタボや糖尿病の原因になってしまいます。

朝?夜?オレンジジュースの効果的な飲み方

2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

charlotte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう