貧血対策

貧血の原因のひとつに赤血球不足が挙げられます。そこで摂取したいのが、オレンジジュースに含まれている葉酸です。葉酸には、ビタミンB12と一緒に赤血球の生成をサポートする役割があり、貧血対策に役立つんですよ。(※4)

【美容】オレンジジュースの効果効能

肌の健康をサポート

ビタミンCは、コラーゲンの生成をサポートするはたらきがあります。体内のコラーゲンの一部は皮膚に存在しており、表皮を支えています。コラーゲンが不足すると支えが不十分となり、しわやたるみの原因に。

ビタミンCの摂取によってコラーゲンを効率的に生成し、内側からサポートすることが、肌の健康につながりますよ。(※2,5)

老化対策

体内で活性酸素が増えると、老化やしみ、しわなどの原因に。ビタミンCは、体内で過剰に発生した活性酸素から、細胞を守るはたらきがあります。この作用を抗酸化作用といい、ビタミンCは非常に強い抗酸化力を持つとされています。そのため、ビタミンCの摂取は老化対策に役立ちますよ。(※2,6)

むくみ対策

カリウムには、細胞の浸透圧をナトリウムとともに維持・調整するはたらきがあります。体内のナトリウムが増加すると、濃度を薄めようと水分が溜め込まれてむくみの原因に。そこでバランスがとれるようカリウムを摂取すると、ナトリウムが排出されやすくなり、むくみ対策につながるのです。(※7,8)

オレンジジュースを飲み過ぎたらどうなる?

オレンジジュースには、加工段階で保存性を高めるために砂糖が加えられている場合が。100%ジュースでも、果物特有の体内に吸収されやすい「果糖」という糖が含まれています。そのため量を気にせず飲んでいると、糖質の過剰摂取になり、血糖値や中性脂肪の上昇につながるため、肥満の原因となってしまいます。

100%オレンジジュースを飲む場合、一日にコップ2杯(400cc)程度が適量となります。一日の果物の摂取量の目安は200gです。100%ジュースは半量が果物として扱われるため、ほかに果物を摂る場合は、量を調整しましょう。(※9,10,11,12)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS