朝?夜?オレンジジュースの効果的な飲み方

運動後

運動して疲れた体には、オレンジジュースがおすすめ。オレンジジュースに含まれるクエン酸は、エネルギーを生み出す際の中心となる成分。また、乳酸を分解して新陳代謝を高めるはたらきがあります。適度な糖分を摂取することでエネルギーを消費した体に効率よく栄養を補給できますよ。(※3)

寝る前は避ける

寝る前のように夜遅い時間になると、脂肪合成を促すBMAL1というたんぱく質が多くはたらき、摂取したエネルギーを脂肪として蓄えやすくなります。オレンジジュースは朝や日中など、活動量の高まる時間帯に飲むのがおすすめです。(※13)

オレンジジュースのおすすめレシピ3選

1. パインオレンジジュース

フレッシュなオレンジとパイナップルで作る、さわやかなジュースのレシピ。炭酸水を加えるのですっきりといただけますよ。パイナップルはオレンジと同じく、食物繊維や抗酸化作用をもつビタミンCが豊富なフルーツ。お好みでオレンジとパイナップルの割合やはちみつの量を調節してみてくださいね。(※6)

2. トマトオレンジジュース

トマトとオレンジジュースを合わせる、ビタミンたっぷりのひと品。トマトジュースは苦手という方も、オレンジジュースの甘みで飲みやすくなりますよ。抗酸化作用の強いトマトのリコピンは、ミキサーにかけることで細胞壁が壊れ、吸収されやすくなります。(※14)

3. オレンジジュース100%のゼリー

オレンジジュースを飲むのに飽きてきたら、デザートにしてみませんか?水や砂糖を加えず、オレンジジュースだけで作るゼリーのレシピです。2回に分けてオレンジジュースを注ぐことで、ゼラチンを使用する際の温度調節が簡単にできます。甘すぎず、さっぱりといただけますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS