「ミントティー」の効果効能と作り方。身近なハーブでストレス撃退!

ミントは身近なハーブですが、その葉には体に良い成分がいっぱい!この記事ではミントティーの効果効能や作り方、おすすめアレンジをご紹介します。スーッと香る清涼感たっぷりのミントティーで、心地よく心身のバランスを保ちましょう。

2019年10月18日 更新

ライター : 植松富志男

記者/編集/カメラマン

食べることと呑むこととカメラに人生の大半を費やしているグルメ系写真男子です。

いろんな効果が期待できるミントティー

メントールの清涼感が心地よいミントティーは、リフレッシュしたいときにおすすめしたいハーブティーのひとつです。イライラしていたり気持ちがふさいでいたりするとき、ミントの香りに癒されたような気持ちになった経験、みなさんにもあるのではないでしょうか。 でも実は、ミントティーの特長はそればかりではありません。特に香りの強いペパーミントを使ったものにはさまざまな効果が期待できるんですよ。

ミントに含まれている栄養成分

ペパーミントに含まれる栄養素は、ビタミンB2やナイアシン、葉酸、ビタミンA、ビタミンCなどがあり、カリウムやリン、鉄、マンガンなどのミネラルも豊富です。(※1) 特に注目したいのは、あの清涼感の元であるメントールや、フラボノイド、タンニン、ミントポリフェノールなどの成分。これらはミントティーの代表的な作用の多くに関わっています。

【健康】ミントティーの効果効能

胃腸の調子を整える

ペパーミントには、消化液である胆汁の分泌を促し、消化器の機能をサポートする働きがあります。食べ過ぎ・飲み過ぎによる胃もたれで困っているときに、飲んでみると良いですよ。昔は整腸剤代わりに用いられていたそうですよ。また、腸の調子を整えるのにも役立ちます。(※2)

リラックス効果

ミントの最大の特徴とも言える、すっきりとした香り。あの香りには気持ちを落ち着かせる作用があるとされており、リラックス効果が期待できます。また、脳に働きかけて集中力を高めるのにも役立つんですよ。(※2)

花粉症対策

花粉症などのアレルギー症状があらわれるのは、体内で「ヒスタミン」という成分が分泌されて体を過剰に防衛しようとするため。ペパーミントに含まれるポリフェノールの一種には、そのヒスタミンの放出を抑える働きがあり、花粉症対策に効果的です。(※3)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS