むくみや冷え性対策に!美容フルーツ「サンザシ」の栄養効果とは

たくさんの実がなる山査子(サンザシ)をご存じでしょうか。サンザシの赤い実は、消化吸収を助け美容効果も期待されることから、生薬としても利用されています。今回は、そんなサンザシの栄養成分や効能、おいしい食べ方などまとめてご紹介します。

サンザシ(山査子)とは?

サンザシは漢字で「山査子」と書き、中国やヨーロッパが原産です。赤い実がたくさんなり、その実は甘酸っぱく爽やかな味わいなことから、お酒やドライフルーツ、お菓子の原料として幅広く使われています。

きれいな赤い実をたくさん付けるので、日本では古くから観賞用として盆栽などに使われてきました。キリストが処刑されたときに身に着けていた冠は、西洋サンザシの枝と言われているそうですよ。

小さい実に凝縮された栄養

サンザシの実は、栄養面でもとても優れています。食物繊維やビタミン・ミネラルがバランスよく含まれ、消化吸収を助ける作用がある(※1)ことから、古くから生薬として漢方にも使われています。

そのまま食べると酸っぱく感じることから、昔は人気のない果実でしたが、その栄養成分から最近では徐々に注目度が高まっているんです。

サンザシに含まれている栄養成分

食物繊維

サンザシには腸内環境を整えるのに役立つ、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維が不足すると腸内環境が悪化し、便秘や肌荒れに繋がります。

腸内環境を良くすることは、腸内の悪玉菌を減らし有害物質の生成を妨げることから、便秘対策のみならず、健康や美容においてさまざまな効果があるとされています。

ビタミン・ミネラル

サンザシには体の機能を調整し、骨や体の組織を作るミネラルも豊富に含まれています。また、ビタミンには、体の内側から"美"を支えてくれる働きも期待できます。

普段の食事だけでは不足しやすいため、ついついサプリメントに頼ってしまいがちですが、サンザシには体に必要なビタミンやミネラルがたっぷり含まれています。

カテキン

緑茶に含まれる成分として知られるカテキンは、サンザシにも豊富に含まれています。その含有量は、100gあたり200〜800mg。比較的多いといわれている赤ワインの、最大で約8倍ものカテキンが含まれているのです。(※2)

女性に嬉しいサンザシの効果効能

コレステロールを抑える

サンザシに含まれるカテキンには、悪玉コレステロールの吸収を抑制し、排出を促進させる作用がある(※3)ので、適度に摂取するとよいでしょう。

現代人の食生活や生活習慣では、ついつい摂り過ぎてしまいがちなコレステロールですが、サンザシの効果で無理なく対策していきたいですね。

持久力アップ

明治製菓の研究所がおこなった研究で、サンザシのエキスを継続して飲み、運動時の持久力アップにつながったという結果が出ています。また、筋肉組織を作る作用に働き、疲労回復にも効果が期待できるとか。(※4)

お水や炭酸水で割って運動前後に飲んだり、温かくしてハーブコーディアルのようにいただくのもおすすめですよ。

脂肪燃焼

先ほども紹介したカテキンには、継続して摂取することで、肝臓による脂肪の代謝を促す作用がある(※3)として、ダイエットにもよいと注目されています。体重やスタイルを気にする女性にとっては、嬉しい効能ですね。

抗酸化作用

常に人間の体で作られている活性酸素。この活性酸素は、老化の原因と言われています。カテキンには、活性酸素を除去する抗酸化作用が認められています。(※3)活性酸素の減少により、お肌の老化対策といった、アンチエイジング効果が見込めますよ。

リラックス効果

特集

SPECIAL CONTENTS