マンネリしらず!毎日でも飽きない冷奴の人気アレンジレシピ30選

つるんとおいしい冷奴。実は少しの工夫で食べ応え十分な、メインのおかずになります。オリーブオイルをかけた洋風なものから定番の和風、韓国風まで、今回はバリエーション豊富なレシピを30選!どれも簡単な時短レシピなので、忙しいときにも使えます。

冷奴の簡単アレンジレシピ

朝ごはんにも夕ご飯にも晩酌にも人気の冷奴。生姜やわさびなど、ちょっと薬味をプラスするだけでも、喜ばれる一品にすることができますよね。さらに具材を加えて乗っけるだけで、シンプルな冷奴をおいしく、見ためも楽しいひと皿に大変身。
そこで、食卓で喜ばれる、簡単な冷奴のアレンジメニューをまとめてみました。調味料を除いた豆腐以外に用いる食材数を(かっこ)で料理名の後に記載しているので、よろしければ参考になさってください。

冷奴をおいしく食べるには?

ちょっとした手間を加えるだけで、いつもの冷奴がよりおいしくなります。その手間とは、豆腐をパックから開封したら、きちんと水洗いをした上で、ペーパータオルを用いて水気を拭き取ることです。こうすることで、豆腐独自の風味が堪能できます。最後にコクを引き出す濃い目の味付けをして完成です♩

まずは和風のアレンジレシピで楽しもう

1. オクラ冷奴(豆腐+1品)

鮮やかあな緑できれいなひと品に仕上げられるアレンジメニュー。塩茹でオクラを白だし、お水と一緒にミキサーにかけたものを、お豆腐の上からかけただけで上品なひと皿に。お豆腐にもよいですが、おそうめんのお出汁にもなるオクラソースはとっても便利です。

2. 豚生姜焼き冷奴(豆腐+2品)

生姜焼きをトッピングすればボリュームを出しつつも、ヘルシーな一品を増やせて便利ですね。生姜は食がすすむ食材。夏バテの時期や風邪のひき始めにもよさそうなメニュー。また、夜食やちょっとお腹が空いた時にも重宝しますよ。

3. オクラと納豆の冷奴(豆腐+2品)

お豆腐とねばねば食材のテッパンコンビメニュー。ひきわり納豆を使い、食べやすく盛り付けます。ねばねば食材好きな人には毎日食べても飽きないメニューになりそうですね。簡単すぎるレシピに加え、消化のよい食材ばかりのこちらのメニューは、食欲の落ちやすい季節にぴったりです。

4. ちりめんくるみの冷奴(豆腐+3品)

砕いたくるみの風味と歯ごたえをプラスした、アレンジ冷奴。具材を生姜と味噌で味付けし、甘じょっぱい味わいに。淡白なお豆腐に絡む甘辛のタレと、じゃこやくるみのカリカリ食感が楽しめるひと皿です。

特集

SPECIAL CONTENTS