豆類

カレーを低脂質に仕上げたい方は、肉の代わりに豆類を使うのがおすすめ。ひよこ豆やレンズ豆などをメインに使うカレーはダルカレーとも言い、インドで人気の料理です。

また、ひき肉の代わりに大豆ミートを使うのもひとつの手。大豆ミートの脂質量は100gあたり約0.9gと、鶏ひき肉の1/13以下でヘルシーです。(※10,13)

鶏むね肉

肉入りのカレーをダイエット中に食べるなら、高たんぱく質・低脂質な鶏むね肉がぴったり。鶏むね肉の皮を取り除くと、さらにカロリーオフにつながります。

また、フードプロセッサーを持っている方は、皮なしの鶏むね肉をひき肉にするのもおすすめ。一般的な鶏ひき肉と比べ、脂質の摂取量をぐっと抑えられます。(※10)

カレールーだけを食べたら痩せる?

糖質の摂取量が気になるとき、カレールーだけで食事を済ませることを思いつく方もいるかもしれません。たしかにご飯やナンを食べなければカロリーオフになりますが、ルーだけでは満足感を得にくく、食べる量が増えて脂質や塩分の過剰摂取につながるおそれが。

ダイエット中はご飯やナンの量を控えめにしたり、ヘルシーな食材に置き換えたりしてカロリーを調整しましょう。それでは、ご飯の代わりになる食材をご紹介します。(※10)

カレーのご飯の代わりにおすすめの食材

豆腐

カレーのご飯の代わりになるヘルシー食材のひとつが豆腐です。木綿豆腐を炒めてパラパラにしたソイライスだと、見た目が白ごはんに似ていてカレーによく合います。

木綿豆腐のカロリーは100gあたり73kcal。同量のご飯と比べると、半分以下のカロリーに抑えられます。(※10)

カリフラワー

カリフラワーを細かくカットして炒めると、白ご飯に見立てられるカリフラワーライスが完成。カリフラワーを炒める際にターメリックパウダーを加えると、風味豊かに仕上がります。

カリフラワーのカロリーは100gあたり28kcalとヘルシー。ご飯より食物繊維が豊富で、ダイエット中の便秘対策にぴったりの食材です。(※6,10)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ