ドレッシングのカロリーに気を付ける

調理油を使わずに作れる温野菜は、カロリーが低い料理。しかし、食べるときにドレッシングやマヨネーズをたっぷりかけると、カロリーが高くなってしまうため、注意が必要です。

カロリーが高いドレッシングは、なるべく使わないようにするのが理想的。もしドレッシングを使う場合は、計量スプーンで計りながらかけましょう。

温野菜ダイエットにおすすめの味付け

ダイエット中に温野菜を食べるなら、味付けは塩こしょうがおすすめ。シンプルな味付けにすることで、余分なカロリーの摂取を抑えられます。

一方、マヨネーズは100gあたり706kcal、フレンチドレッシングは100gあたり406kcalと高カロリー

使用量が少なくても温野菜のカロリーが上がってしまうため、おすすめできません。温野菜にドレッシングをかけたい場合は、低カロリータイプのものを選ぶか、手作りしましょう。(※10)

温野菜ダイエットは1ヶ月では結果はでない

温野菜ダイエットをはじめても、1ヶ月といった短期間でダイエットの結果が出るとは言い切れません。体重を減らすには、規則正しい食生活を継続し、こまめに運動をすることが大切です。

やせたいからといって、温野菜ばかり食べるような極端なダイエットは避けましょう。ストレスがたまってリバウンドしたり、栄養バランスが崩れて体調不良となるおそれがあります。温野菜ダイエットは、無理のない範囲で気長に続けてくださいね。(※1)

温野菜ダイエットにおすすめのレシピ3選

1. 無水調理で作る。シンプル温野菜

クッキングシートを敷いた鍋で蒸して作る温野菜です。じっくりと蒸すことで野菜の旨みが凝縮されます。塩こしょうだけでおいしくいただけますよ。ドレッシングや調理油を使わずヘルシーに仕上げるため、ダイエット中におすすめのレシピ。

2. 生姜がアクセント。キャベツとにんじんの温野菜

キャベツとにんじんを電子レンジで加熱して作る、簡単な温野菜のレシピです。手作りの和風ドレッシングでヘルシーにいただきましょう。すりおろし生姜を加えるため、身体を温める作用が期待できますよ。冷えやすい方はぜひ試してみてください。(※8)

3. 柚子の香りを楽しむ。カリフラワーのホットサラダ

手作りの柚子ドレッシングでいただく、カリフラワーのホットサラダです。カリフラワーにはカリウムが豊富なので、ダイエット中のむくみが気になる方におすすめのレシピ。柚子の酸味を活かすことで、減塩にもつながるのがうれしいポイントです。(※5,11)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS