海藻・雑穀米や全粒粉

海藻、雑穀米、全粒粉に含まれる食物繊維は、肌あれの原因になる便秘対策に役立ちます。便秘になると腸内に溜まった便から有害物質が発生し、体内に吸収され全身をめぐって肌の表面へ。そのとき、汗に含まれる有害物質が反応して、肌あれを起こすと言われています。日本人は不足しがちな栄養素なので意識して摂り入れたい栄養素です。(※10)

コンビニで買える肌荒れに効く食べ物

ヨーグルト

ヨーグルトには、細胞やコラーゲンの素になるたんぱく質が多く含まれています。また、皮膚の再生に関わるビタミンB2や腸内環境を整えてくれる善玉菌を含むので、肌あれ対策におすすめの食品です。苺やキウイフルーツなどの果物と合わせて、ビタミンCの摂取ができるのも良いですね。(※6,7,10)

大豆製品

豆腐や納豆などの大豆製品も、細胞やコラーゲンの素になる良質なたんぱく質を含みます。肌の代謝を促して、ターンオーバーの機能維持に役立つ成分です。また、皮膚の再生に関わるビタミンB2も含みます。大豆や豆腐をサラダにトッピングし、野菜のビタミンと一緒に摂るのがおすすめです。(※6,7,11)

ビタミンドリンク系

ビタミンBやCを含むドリンクも肌あれ対策におすすめです。これらのビタミンは水溶性のため、体に貯めておくことができません。また、ビタミンCは体内で作りだすことができないので、コンスタントに摂る必要があります。特にビタミンCはストレスによって消耗が増えるので、意識して摂り入れましょう。(※2,5,7,12)

アーモンドミルク

アーモンドに豊富に含まれるビタミンEには、強い抗酸化力があります。細胞を酸化から守ってくれるので、老化対策に欠かせない成分です。ほかにも食物繊維を多く含んでいるため、便秘からくる肌あれ対策にも役立ちます。一本のドリンクに十分な量の成分を含んでいるので、飲みすぎには注意しましょう。(※8,10)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS