3. 調味料で煮込む。

Photo by 調理師/kii

2の豚肉と調味料を入れ、中火にかけてください。

Photo by 調理師/kii

沸騰したら弱めの中火にします。落とし蓋をし、約30分煮込みます。

Photo by 調理師/kii

お肉を器に盛り、残った煮汁をかけて完成です。時間があれば、一度煮汁に浸けて冷まし温め直して食べると、味が染み込んで一層おいしくいただけますよ。

煮汁を味見して薄い場合は、煮汁だけ煮詰めたり、水溶き片栗粉でとろみをつけてもOKです。

Photo by 調理師/kii

お箸で切れるくらいやわらかいお肉!手間隙かけて作った分、お肉がおいしく応えてくれますよ♪ まずはそのまま、そしてお好みで辛子をつけて食べてください。

保存方法と保存期間

Photo by 調理師/kii

保存する場合は、まず完全に冷ましてください。表面は冷めているようでも、中はまだ温かいということがあるので、1時間ほど放置しましょう。お肉を煮汁に浸けて保存するとパサつかず、味が染み込んでおいしく食べられますよ♪

冷蔵なら、お鍋や保存容器に入れて、2〜3日。冷凍なら、煮汁ごとジップ付きの袋に入れて、2〜3週間保存できます。レンジ加熱だと硬くなりやすいので、解凍する際は煮汁ごとお鍋に移し、弱火で温めるのがおすすめです。

捨てないで!煮汁のおいしいリメイク方法

Photo by 調理師/kii

味付けしたあとお鍋に残った煮汁は、肉のうま味がギュッと詰まったおいしいタレです。そのタレを活用して、絶品「煮卵おにぎり」を作りましょう!

1. ポリ袋に、好みの半熟具合のゆで卵と、完全に冷めた煮汁を入れる。(このとき、煮汁は、少し残して別に保存しておく。)
2. 1を冷蔵庫で半日〜1日寝かせる。
3. 温かいごはんに、残しておいた煮汁を加えて、ざっくりと混ぜる。
4. 真ん中に2の煮卵を入れて、おにぎりを作る。お好みで海苔を巻いてできあがり。

ごちそう豚バラ煮込みに、チャレンジしてみて♪

Photo by 調理師/kii

「とにかく弱火で、温度を上げすぎないように、じっくりと加熱すること」。このポイントさえ守れば、ホロホロとろとろな豚バラ煮込みが作れます。

時間をかけた分、お肉はおいしく応えてくれる!まとまった時間ができたときは、この記事のレシピで豚バラ煮込みにチャレンジしてみてくださいね。作ったついでに煮卵も仕込んで……、次の日は煮卵入りのごちそうおにぎりも楽しみましょう!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ