ライター : kii

調理師

製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。「おいしい料理で人を幸せにする」をモットーに、レシピやお料理のコツなどの情報発信を行っています。ブログやYouTubeで…もっとみる

やわらかジューシー。豚バラ煮込み(調理時間:3時間)

Photo by 調理師/kii

お肉はホロホロ脂はとろっと、とろけるような魅惑の食感……!時間はかかりますが、ほぼ煮るだけでむずかしい手順はありません。時間をかけて料理が作れるときや、ちょっとしたごちそうを食べたいときに、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

材料(2〜3人分)

Photo by 調理師/kii

・豚バラ肉ブロック……600g
・長ねぎの青い部分……1本分
・生姜……1片(15g)

調味料

・醤油、みりん……各大さじ2杯
・砂糖……大さじ1杯
・水……2カップ(400cc)

弱火でじっくりと加熱することで、やわらかジューシーに

Photo by 調理師/kii

豚バラ肉ブロックを下ゆでする際は、煮汁が沸騰したら弱火にし、じっくりと加熱しましょう。

沸騰している高温の煮汁で長時間加熱すると肉汁が逃げ、パサパサで硬くなってしまうことがあります。ポイントは豚肉のコラーゲンがゼラチン化してやわらかくなり、なおかつ肉汁を逃さない温度。つまり弱火で長時間煮ると、お肉はホロホロ、脂身はとろとろに仕上がりますよ。

作り方

1. 豚バラ肉ブロックを、下ゆでする。

Photo by 調理師/kii

お鍋に、豚バラ肉ブロック、皮ごと薄切りにした生姜、長ねぎの青い部分、たっぷりの水を入れます。中火にかけ、沸騰したら弱火にします。豚バラ肉ブロックはかたまりのままゆでた方が硬くなりにくいので、切らないでくださいね。

下ゆでする前に、豚バラ肉ブロックを焼くレシピもあります。豚バラ肉ブロックを焼くと香ばしさがプラスされますが、焼く分とろとろ感は軽減されます。焼いてから下ゆでするのか、焼かないで下ゆでするのかは、お好みに合わせて選んでください。

Photo by 調理師/kii

アクが浮いてきたら取り除きつつ、お肉がやわらかくなるまで、1時間半〜2時間ゆでましょう。お肉が浮いてしまう場合は、落とし蓋をすると良いですよ。

2. 冷まして、食べやすい大きさに切る。

Photo by 調理師/kii

そのままあら熱が取れるまで冷まします。時間があれば完全に冷めるまで置いておくと、よりやわらかく仕上がりますよ。

Photo by 調理師/kii

豚バラ肉ブロックを取り出し、軽く水洗いして、水気を切ります。4〜5cm角の食べやすい大きさに切り分けてください。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS