コスパ抜群食材で作る!一週間の献立レシピ【Vol.4】

日々の献立作りは、忙しい主婦を悩ませる“考える家事”のひとつ。この記事では、食生活アドバイザーが1週間の晩ご飯献立アイデアをご紹介します。副菜には、いんげんや大葉、オクラなど、旬の食材を味わえるレシピも取り入れていますよ。

2020年6月4日 更新

ライター : megyu

食生活アドバイザー

海外の料理に興味があり、おしゃれでおいしいレシピを探すのが大好き。家族に喜んでもらえる新しいレシピを日々勉強中です。

月曜日「食べ応え抜群!ささみソテー献立」

主菜「ささみのガリバタしょうゆソテー」

Photo by macaroni

調理時間:20分
ささみを使う和風ソテー。たれには、しょうゆやみりんのほかに、バターをプラスして、コク深い味わいに仕上げます。にんにくの香りをうつしたフライパンでささみを焼くので、風味もばっちり!あと引くおいしさで、ご飯がすすみますよ。

副菜「アスパラナムル」

Photo by macaroni

調理時間:10分 漬け込む時間は含みません。
副菜には、旬のアスパラガスを使ったひと品を♪ アスパラガスをレンジで加熱し、調味料を混ぜ合わせるだけの簡単レシピです。ごまの芳ばしい香りが食欲をそそります。いつものナムルに、塩昆布をプラスすることで旨みがアップしますよ。

火曜日「まろやかなのにピリッと辛い!中華献立」

主菜「白麻婆豆腐」

Photo by macaroni

調理時間:20分
定番の麻婆豆腐もいいですが、まろやかな白麻婆豆腐もおすすめです。白麻婆豆腐は炒めた具材と、豆腐を牛乳で煮込んで作ります。豆板醤を入れるので、クリーミーだけどピリ辛風味。花椒パウダーをかけると、本格的な味わいに仕上がりますよ。

副菜「わかめとメンマの中華炒め」

Photo by macaroni

調理時間:15分
わかめとメンマを使う、歯応え抜群な中華炒め。ごま油としょうがで炒めるので、風味豊かに仕上がります。赤唐辛子の量を調整して、お好みの辛さで作れますよ。ご飯のおかずにはもちろん、おつまみにもぴったりです。

水曜日「ちくわでコストダウン♪ 和風南蛮献立」

主菜「梅タルタルのちくわ南蛮」

Photo by macaroni

調理時間:15分
チキン南蛮の鶏肉をちくわで代用すれば、コストをグンと抑えることができますよ。みりんやしょうゆの甘辛ダレで煮絡めるちくわは、ご飯のおかずにぴったり!カリカリ梅入りのタルタルソースをかけると、おいしさがさらにアップします。

副菜「いんげんとパプリカのガーリックマリネ」

Photo by macaroni

調理時間:10分
こってり南蛮の副菜には、さっぱり風味のマリネがおすすめです。カラフルなパプリカを使えば、テーブルをぱっと鮮やかに飾れますよ。マリネ液にすりおろしにんにくをプラスして、香り豊かなひと品に♪ 作り置きおかずとしても便利です。

特集

FEATURE CONTENTS