ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

鹿児島県の郷土料理「油そうめん」とは?

「油そうめん」とは鹿児島県のなかでも特に、奄美大島や徳之島などで、家庭料理として食べられてきた郷土料理です。歴史はさほど古くなく、乾麺のそうめんが普及しだした明治時代からとされています。いまでは現地の食堂や居酒屋でもメニューにある、ポピュラーな麺料理。

作り方は家庭やお店によってさまざまですが、基本的に油と調味料、だしを加えたタレを素麺と和えたものです。油はごま油やサラダ油だったり、味付けは塩こしょうや醤油だったりと多種多様。油でじゃこや豚肉などを炒めてだしを取り、いろんな野菜を加えて作ることもあります。

油そうめんとソーメンチャンプルーの違い

沖縄では、ソーメンチャンプルーという麺料理が有名ですね。よく奄美の油そうめんと混同されますが、作り方の違いから別のものとされます。そうめんに、いろんな具材を加えるところはほとんど同じながら、ソーメンチャンプルーは、油で炒める焼きそば風の料理です。

一方の油そうめんは油とだし、調味料のタレを煮詰めて、乳化させるのがポイント。それをまぜそばのようにかけて混ぜたり、パスタのように麺と和えたりします。また喜界島や地域にによっては、そうめんの代わりに乾燥うどんを使い、だしにいりこを使用するところもあるようです。

調味料は2つだけ!油そうめんのシンプルな作り方

Photo by muccinpurin

調理時間:5分

夏になると、食卓に登る機会が多くなるそうめん。夏以外の季節はにゅうめんにしたり、寒い冬は鍋のシメに加えたりと、あればなにかと便利な乾麺です。

いつもの定番の食べ方だけでなく、たまには目先を変えて油そうめんにしてみませんか。この記事では調味料2つだけで作れる、シンプルなレシピを紹介。とにかく簡単にできるので、ぜひ作ってみてください。

材料(1人分)

Photo by muccinpurin

・そうめん……1わ(100g)
・ごま油……大さじ1と1/2~2杯
・顆粒鶏ガラスープの素……小さじ1/2~1杯
・青ねぎ……適量

※鶏ガラスープの素はメーカーによって塩分が多少異なるので、味を見ながら塩加減を調整してください。

作り方

1. そうめんをゆでる

Photo by muccinpurin

鍋にたっぷりの湯を沸かして、袋に掲載されている時間どおりにゆでます。そうめん同士がくっつくのを防ぐため、ときおり菜箸でかき混ぜながら、よくほぐしましょう。強火にすると吹きこぼれやすいので、火加減に気をつけながらゆでます。

2. 流水にさらして冷やす

Photo by muccinpurin

ゆで上がったそうめんをざるにあげて、水を流しっ放しのボウルの中で、しっかりと冷やします。同時に麺をもむように洗いながら、ぬめりを取り除いておくことも、忘れてはいけない大切な作業です。

※撮影のために、ボウルに溜めた水を使って洗っています。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ