ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

山芋入りお好み焼きの作り方(調理時間:20分)

Photo by いとう まさと

まずは、山芋入りお好み焼きの基本レシピをチェック!山芋は長芋に比べて粘り気が強く、生地に加えるとお好み焼きがふわふわに仕上がります。作り方のコツも参照しながら、ぜひおいしいお好み焼きを作ってみてくださいね♪

材料(2~3人分)

Photo by いとう まさと

・薄力粉……100g
・山芋……50g
・だし汁……100cc(水100cc+だしの素小さじ1/2杯)

・サラダ油……適量

具材

・卵……2個
・キャベツ……1/4玉
・豚バラ肉……100gほど
・紅生姜……10g
・天かす……20g
・青ねぎ……2~3本

・ソース、マヨネーズ……適量
・かつお節、青のり(お好みで)……適量

作るときのコツ

生地に具材を加えて混ぜる段階では、さっくりと混ぜ合わせるのがコツです。時間をかけて入念に混ぜると、生地の中の空気がなくなってしまい、ふわふわ感が少ないお好み焼きになることも。

また、山芋が手に入らない場合は、長芋で作ることもできますよ。長芋は山芋に比べて水分量が多いので、だし汁の量を少なくするなど、適宜水分を調整してくださいね。

生地の作り方

1. キャベツなどの具材を切る

Photo by いとう まさと

キャベツは粗みじん切り、青ねぎは小口切り、紅生姜はみじん切りにします。豚バラ肉は、必要があれば使いやすい大きさにカットしておきましょう。

2. 山芋をすりおろす

Photo by いとう まさと

すりおろし器やすり鉢などを使って、山芋をすりおろします。山芋はかなり粘り気が強いので、できればすり鉢を使うと、すりおろしやすくなりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS