ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

山芋なしでもふわふわ!お好み焼きの生地の基本レシピ

Photo by tumu

こちらでご紹介するのは、強力粉で作るお好み焼き生地のレシピです。山芋や長芋なしで作れるので、余計な手間をはぶくことができますよ。強力粉はグルテンが多めなので、混ぜすぎないのがポイント!薄力粉や山芋がないときなどに、ぜひ試してみてくださいね。

材料(4枚分)

お好み焼きの生地 ・強力粉……200g ・卵……2個 ・和風だしの素……大さじ1杯 ・水250cc 具材 ・キャベツ……1/3玉 ・お好みの具材……適量 ・ソース……適量 ・マヨネーズ……適量 ・かつお節、青のり……適量

作り方

1. お好み焼きの生地の材料をボウルにすべて入れ、混ぜ合わせます。このとき、あまり混ぜすぎないようにしましょう。 2. キャベツは千切りか粗みじん切りにします。粗みじん切りにすると適度な食感を残すことができ、さらに切り口から余分な水分が出るのを防げます。余裕があるときは試してみてくださいね。 3. そのほかの具材も適当な形にカットします。 4. 1で作った生地にキャベツや具材を混ぜ合わせます。フライパンやホットプレートに油をひき、中火で焼いていきまましょう。 5. 両面焼けたらソースやマヨネーズ、青のりやかつお節などを散らして完成!

作るときのコツ

強力粉や卵、だしの素、水を混ぜ合わせるときは、あまり混ぜすぎないのがポイントです。混ぜすぎると強力粉のグルテンが増え、弾力がつきすぎてしまいます。食感が損なわれる原因になるので注意しましょう。 また、生地は一度冷蔵庫で寝かせるようにすると、小麦粉が発酵してうま味が増します。もしも時間がある場合は、冷蔵庫で30~60分ほど寝かせてから使うとよいですよ。ぜひ試してみてくださいね。

生地をアレンジ!お好み焼きのおすすめレシピ5選

1. 山芋入り!基本のお好み焼き

こちらは山芋を入れて作る基本のお好み焼き生地レシピ。山芋や長芋を入れると生地がふわっふわに仕上がるので、まずはこちらのレシピで基本の作り方を勉強しましょう。基本の作り方を覚えれば、お好み焼き粉を買わなくても済むようになりますよ。

2. 豆腐入りお好み焼き

山芋や長芋は時期によって、あるいはスーパーによっては手に入らない場合が……。そんなときは、豆腐を代わりに使う方法もあります。水切りをしないでそのまま入れるので、とってもお手軽!豆腐入りの生地で、ヘルシーなお好み焼きを楽しみませんか?

特集

FEATURE CONTENTS