ライター : morico

地域情報雑誌、洋風居酒屋の店長を経験。現在はフリーライターとして活動中です*

基本の山芋ステーキ(調理時間:10分)

Photo by morico

基本の山芋ステーキとして、バター醤油の味付けでレシピをご紹介していきます。焼き目の香ばしさやバターのマイルドな香りが食欲をそそるひと品。バターでコーティングされたつややかな山芋は、ホクホクの食感がたまりません。材料は至ってシンプルなので、ぜひ今晩のおかずにお試しください。

材料(2人分)

Photo by morico

・山芋……180g
・バター……8g
・醤油……小さじ2杯
・塩こしょう……少々
・万能ねぎ……適量

コツ・ポイント

山芋はあらかじめ皮を剥いておきます。塩こしょうの量はお好みで調整してください。トッピングは万能ねぎだけでなく、きざみ海苔やかつお節など、ご家庭にあるものでOKです。

作り方

1. 山芋を切る

Photo by morico

あらかじめ皮を剥いておいた山芋を、1cmほどの間隔で切っていきます。つるつると滑るので、しっかりと山芋をおさえて、手を切らないように注意してください。

2. フライパンにバターを入れて熱する

Photo by morico

フライパンにバターを入れて熱していきます。バターが溶けてきたら、フライパンの全体にバターを行き渡らせるように、フライパンを動かしてください。

3. 山芋を両面焼く

Photo by morico

バターが溶けたらフライパンに山芋を並べます。焼き色がついてきたら、ひっくり返して反対の面を焼いていきます。中火でよいですが、焦げてしまいそうで心配な方は弱火にしましょう。

編集部のおすすめ