ちょっとの工夫で家事をラクに。一週間の晩ごはん献立【vol.25】

働いて、家事をして、子どもの面倒を見て…。一週間なんてあっという間に過ぎてしまうもの。あらかじめ一週間の晩ごはんを考えておけば、心にも時間にも余裕ができますよね。今週を楽しく、おいしく過ごせるような「一週間の晩ごはん献立」をご紹介します♪

2019年11月28日 更新

サブ「炊飯器でふかし芋」

炊飯器でふかし芋

Photo by macaroni

大人からこどもまで人気のふかし芋は、炊飯器を使えば材料を入れてスイッチを押すだけ! 炊飯完了のお知らせが聞こえたら、トースターで5分ほど焼くことで余分な水分が飛び、ホクホクに仕上がりますよ。

おやつとしてはもちろん、さつまいものサラダやスイートポテトの下ごしらえなど、さつまいもを加熱したいときにも使える裏技です。

木曜「節約食材でボリュームおかず」

メイン「きつねシューマイ」

きつねシューマイ

Photo by macaroni

しゅうまいの皮の代わりに油揚げを使った、その名もきつねシューマイは、見た目のインパクトはもちろん、油揚げの旨みが加わって味的にもランクアップしたアイデアレシピです。

ふんわりとラップをかけてレンジで加熱すれば、蒸し器せいろがなくても簡単に蒸し上げることができますよ。

サブ「ツナと大根のさっぱりサラダ」

ツナと大根のさっぱりサラダ

Photo by macaroni

いつもの大根サラダもかいわれを加えれば彩りがアップしますよ。ドレッシングは砂糖や醤油といったシンプルな組み合わせですが、ツナを加えることでぐっと旨みを増してくれます。

作ってから食べるまで時間があるときは、ドレッシングをかけずに別々に保存し、食べる前に和えるようにすると水っぽくなるのを防げます。

金曜「居酒屋メニューで乾杯! 」

メイン「すきやきチーズコロッケ」

すきやきチーズコロッケ

Photo by macaroni

冬の鍋の定番として親しまれるすき焼きと、コロッケが奇跡の出会いを果たしました。炒めた牛肉と白菜をふかしてつぶしたじゃがいもに混ぜ、チーズを包んで衣を付けたら、あとは揚げるだけ。

見た目はいつものコロッケなのに、牛肉の旨みと溶けだすチーズに、家族もきっと驚いてくれますよ。チーズが溶け出すと油がはねるので、しっかりとはみ出さないように包んでくださいね。

サブ「だし香る絶品魚介コンソメスープ」

だし香る絶品魚介コンソメスープ

Photo by macaroni

魚介の旨みがぎゅっと詰まったコンソメスープは、あらを一度焼くことで香ばしさを、香味野菜の皮を使うことで複雑な旨みや甘みをプラス。

隠し味のナンプラーやオイスターソースでコクが増し、お店で味わうような絶品スープがおうちで楽しめます。仕上げに柚子の皮を散らせば香りもよく、何杯でも飲みたくなるおいしさです。

土曜「家族で囲むボリュームメニュー」

メイン「土鍋パエリア」

土鍋パエリア

Photo by macaroni

普段はフライパンやホットプレートを使うパエリアも、土鍋を使えば迫力満点! しかもおこげができるので、いつもの何倍もの満足感が得られますよ。

米は炒めすぎると割れてしまうため、サッと油が回る程度で問題ありません。鶏肉の旨みを吸ったごはんが香ばしく絶品です!
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう