ごぼうや大根をいっしょに煮ても

香りの良いごぼうには、鯛の臭みを消してくれる効果があります。また、大根を加えると、鯛の旨味をたっぷり吸った大根煮もできるでしょう。 ごぼうを入れる場合は、鯛のあらを水と酒で煮込むタイミングでOK。大根を入れる場合は、食べやすい大きさに切った大根を、ほんのり透き通るまで下ゆでしておき、鯛を水で煮てアクを取ったあとに加えてください。

献立の参考に♪ おすすめ和食レシピ5選

1. ほっこり香ばし!新生姜と焼き油揚げの炊き込みご飯

Photo by macaroni

調理時間:60分
【材料(3〜4人分)】
・米……2合
・水……2合目の目盛りまで
・新生姜……50g
・油揚げ……1枚
a. だしの素……小さじ1杯
a. 酒……大さじ1と1/2杯
a. みりん……大さじ1と1/2杯
a. 薄口しょうゆ……大さじ2杯
・水菜……適量

出典: macaro-ni.jp

しっかり味がついた鯛のあら炊きには、あっさりめの炊き込みご飯が合います。新生姜のさわやかな風味と、焼いた油揚げの香ばしさが際立つ炊き込みご飯です。素朴なおいしさに、お箸がとまらなくなってしまうかも。

2. 体に染みわたる…!旨味たっぷり「きのこのみそ汁」

Photo by macaroni

調理時間:15分
【材料(2〜3人分)】
・しめじ……1/2パック(50g)
・えのきだけ……1/2パック(50g)
・しいたけ……2枚
・だし汁……500cc(だしの素:小さじ1杯、水:500cc)
・みそ……大さじ2杯

出典: macaro-ni.jp

海の旨味たっぷりの鯛のあら炊きに、山の味覚きのこを入れたみそ汁を合わせる贅沢はいかがでしょう。3種類のきのこの旨味が、じんわり体に染みわたります。海の幸と山の幸のある献立は、日常のささやかなご褒美になりそう。

3. 素材の味がぎゅっと!ごろごろ具材の「けんちん汁」

Photo by macaroni

調理時間:30分
【材料(2〜3人分)】
・木綿豆腐……1/2丁(150g)
・大根……100g
・にんじん……1/4本(50g)
・ごぼう……1/3本(50g)
・こんにゃく……1/2枚(100g)
・長ねぎ……1/2本(50g)
・油揚げ……1/2枚
・ごま油……大さじ1杯
・だし汁……600cc(だしの素:小さじ1と1/3杯、水600cc)

出典: macaro-ni.jp

鯛のあら炊きに大根やごぼうを入れる場合は、余った野菜でけんちん汁を作ってもいいですね。野菜やこんにゃく、豆腐を入れたけんちん汁は、ヘルシーで食べごたえもばっちり。野菜不足が気になる方にもおすすめです。

4. レンジで10分おかず!パプリカの塩昆布和え

Photo by macaroni

調理時間:10分
【材料】
・パプリカ(赤)……1個
・パプリカ(黄)……1個
・塩こんぶ……4g
・ごま油……大さじ1杯
・白いりごま……小さじ1杯

出典: macaro-ni.jp

地味になりがちな鯛のあら炊きの献立に、彩りを添えたいならパプリカでひと品作りましょう。2色のパプリカで作る塩こんぶ和えは、レンジであっという間にできる手軽さが魅力。豊かなごまの風味が食欲を刺激しますよ。

5. じゅわっと出汁うま!ブロッコリーとカリフラワーの焼きびたし

Photo by macaroni

調理時間:15分
【材料(4食分)】
・ブロッコリー……1/2株
・カリフラワー……1株
・唐辛子(輪切り)……3g
・塩……小さじ1/2杯
・ごま油……大さじ3杯
a. みりん……大さじ3杯
a. しょうゆ……大さじ3杯
a. だしの素……小さじ1杯
a. 水……400cc

出典: macaro-ni.jp

食べごたえがあって、ヘルシーな副菜も見逃せません。食感の良いブロッコリーとカリフラワーに、ほんのり甘いだし汁が染みたレシピです。鯛のあら炊きの献立に加えれば、食感と彩りにアクセントをつけてくれます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ