すき焼きコロッケでちょっぴり豪華に。今日の晩ごはん献立【vol.25】

毎日午後になると、頭を抱えてしまうのが今日の晩ごはんの献立。ある程度決まったメニューのローテーションだと、食べる方も作る方も飽きちゃいますよね。そんなあなたに、これからでも間に合う今晩の献立をご提案します♪ いつもと違う夕食に、家族もきっと喜んでくれるはずです!

2019年10月31日 更新

今日の買いものリスト

今日は、子どもが大好きなコロッケをメインにした献立です。すきやきの具材をじゃがいもに混ぜ込み、なかにチーズを包んで揚げた特別バージョンですよ。子どもだけでなく大人も楽しめるメニューです。

揚げ物ついでに作り置きしておけば、お弁当のおかずにも使えそうですね!


・エリンギ
・じゃがいも
・牛こま肉
・白菜
・とろけるチーズ
・ささみ

メイン「すきやきチーズコロッケ」

断面からとろりとすきやきチーズコロッケ

Photo by macaroni

【調理時間:40分】


今日のメインは、家族みんなが大好きなコロッケ。しかも、すき焼き味のたねのなかにチーズを忍ばせた特別バージョンです。

じゃがいもは皮をむいてボウルに入れ、ラップをかけて600wのレンジで8分加熱し、マッシャーでつぶします。フライパンにサラダ油を引いて中火で熱し、牛こま肉を入れて炒めます。白菜を加えて混ぜ合わせ、調味料を加えて味付け。

つぶしたじゃがいもに具材を混ぜ合わせたら、6等分にして真ん中にチーズを入れて成形します。衣を付けて170度の油で3~5分、カラッと揚げたら完成です! パン粉の付きが悪いときは、2回衣をつけてみてくださいね。食べるときは、チーズが熱いのでやけどに注意ですよ!

副菜「エリンギの味噌漬け」

黒い皿に並べられたエリンギの味噌漬け

Photo by macaroni

【調理時間:15分】


コリコリ食感がクセになるエリンギは、一風変わった味噌漬けで。薄くスライスしたエリンギは見た目がアワビに似ているので、家族みんなを驚かせちゃいましょう!

耐熱容器に入れたエリンギを600wのレンジで3分加熱し、水分を拭きとります。ジッパー付きの袋に入れて合わせ調味料を加え、しっかりとなじませたら空気を抜いて口を閉じ、冷蔵庫に入れてひと晩漬け込みます。

味噌をふき取って食べやすい大きさにスライスし、皿に盛り付けてでき上がりです。盛り付けで添えたかいわれ大根を包んで食べれば、コリコリとシャキシャキが一気に楽しめますよ。漬け時間はお好みで調整してくださいね!

副菜「白菜とささみのラーポン和え」

白いホーロー容器に入った白菜とささみのラーポン和え

Photo by macaroni

【調理時間:20分】


白菜は1cmのざく切りにしてボウルに入れ、塩を振ってもみ込んだあと5分ほど置きます。水分をしっかりと絞って別なボウルに移します。

計量スプーンの穴にささみの筋を通してそのまま引っ張って取り除きます。酒、塩、こしょうをなじませてふんわりとラップをかけ、600wのレンジで2分半加熱。そのまま粗熱を取って手でほぐし、白菜のボウルに加えます。

ボウルに白菜のゆで汁と調味料を加え、全体をよくなじませたらできあがりです。ささみの筋は計量スプーンを使うとするっときれいに取り除けますよ。ラー油の量はお好みで調整してくださいね!


残った食材は、上手な保存でおいしくキープ!

白菜を丸ごと買うと大きくて残ってしまいますよね。残った白菜の上手な保存方法をご紹介しています。正しく保存すれば栄養価も保ちやすく、おいしさもキープできます。

また、白菜を使ったほかのレシピにもチャレンジしてみてくださいね!

ホクホクコロッケでみんな笑顔♪

じゃがいもをつぶしたり揚げたりと、少し手間がかかるコロッケですが、アツアツをおいしそうに頬張る家族の笑顔を見れば帳消しですよね♪

ミニサイズに丸めて揚げて置けば、お弁当のおかずにも重宝します。すき焼きとチーズを使ったコロッケ弁当、最高の贅沢ですね。

明日のレシピもどうぞお楽しみに!
▼前回の献立もチェック

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう