パスタダイエットは食べ方がポイント…? カロリーダウンさせるコツも紹介

ダイエット中、大好きだけどパスタは我慢しなきゃ……って思っていませんか?今回はパスタダイエットについてお伝えします。実はダイエット中でもコツを抑えればパスタを我慢しなくてもいいんです。ほんのちょっとの工夫でできちゃうので、ぜひ活用してみてくださいね。

2019年10月9日 更新

パスタはダイエット向きの食材⁉

パスタのカロリーと糖質は?

パスタのカロリーはゆでた状態で167kcal、糖質は29.2gです。
日本人が主に主食として食べている白米は炊いた状態で、168kcal、糖質は35.6gです。
(※すべて100gあたりで算出)(※1,2)

比較してみると、カロリーはほぼ同じくらいですが、糖質はパスタのほうが少し低くなっています。パスタはゆでた状態で一食分約240gほどになるので、カロリーは約400kcalになります。また、調理の際にほかの食材と合わせることがほとんどなので、さらにカロリーは高くなります。

パスタのGI値は?

パスタのGI値は65、白米は84です。(※4)
GI値とは食後の血糖値の上昇スピードを表した数値のことです。数値が高ければ早く、低ければ遅いことを表しています。GI値は70以上を高GI食品、56~69を中GI食品、55以下を低GI食品と定義されています。パスタと白米を比較してみると、パスタは中GI食品、白米は高GI食品に当てはまります。

血糖値の上昇スピードが早いと、強い空腹感を感じるため過食に繋がるおそれが。血糖値の急激な上昇を避ける食べ方を心がけましょう。(※3)

ダイエット中パスタを食べるときのポイント

ダイエット中のパスタの量は?

一般的にパスタの一食分の量はゆでの場合、約240gほどになります。
ダイエット中とはいえ、満足感のある量を食べたいですよね。そんなときは、油を多く使ったたり、肉類を多く使ったソースを使用するときにはパスタの量を少なめに調整してみましょう。

また、パスタの種類を全粒粉入りのものしたり、低糖質のものを選ぶことで、ダイエット中でも我慢することなく食べられますね。

食べ合わせは?

パスタを食べるときはサラダやスープなどと一緒に食べることをおすすめします。忙しい時には簡単に調理して洗い物も少なくしたいので、ひと皿で済ませてしまいがちですが、それだと少し栄養が偏ってしまいます。また、パスタだけだと、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。

サラダやスープと一緒に食べることで、栄養バランスが良くなりパスタの量を減らしても満足感は維持できますよ。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

管理栄養士/kabataka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう