邪気を払おう!和風から洋風まで「七草粥」の人気レシピ16選

1月7日の朝に食べる日本の行事食「七草粥」。日本のハーブともいわれる七草を使ったお粥は、無病息災を祈るだけでなく、食べ過ぎたお正月の胃を整える効果も期待できます。今回は、基本の和風から食べやすい洋風まで、七草粥の人気レシピをご紹介。

2019年9月27日 更新

定番はコレ!「和風七草粥」レシピ7選

1. ゆず香る基本の七草粥

お鍋でコトコト煮込んで作る、基本の七草粥レシピです。水加減を変えることで、3分粥や5分粥などお好みのやわらかさにアレンジできますよ。レシピではストウブを使用していますが、ごはんが炊ける厚手の鍋であればどんなものでも作れます。

2. 炊飯器で簡単七草粥

炊飯器のお粥モードを使って簡単手軽に作れるレシピです。七草は一緒に炊かず、軽く水洗いして細かく刻んだら、仕上げにトッピングするのがポイント。味付けはされていないので、食べる前に塩をまぶして味を整えてくださいね。

3. 上新粉でとろとろ七草粥

炊いたお米に上新粉を混ぜることで、お餅のようなモチモチ食感に仕上がる七草粥のレシピです。生米から作るのではなく、炊いたお米から作るので時短で簡単に調理可能!普通のおかゆとはひと味違う食感はクセになってしまいます。

4. もち麦入りヘルシー七草粥

ダイエット中だけど七草粥が食べたい!という方は、もち麦とお米を半々にしたこちらのレシピがおすすめ。カロリーや糖質は白米とあまり変わりませんが、食物繊維たっぷりなもち麦は、少量でも満腹感を味わえるのが特徴です。プチプチの食感と七草の組み合わせも絶品なんですよ。

5. 土鍋で作る里芋入り七草粥

淡白な七草では味が物足りないときは、里芋入りの七草粥を作ってみませんか?ねっとりホクホクの食感と、口に入れると広がる甘さは、子供も大人も大満足のおいしさ。里芋の甘さがごはんにもしみて、お粥自体のおいしさがアップします。

6. あったか豆乳七草粥

白味噌と豆乳を混ぜただし汁で煮込んだ、ちょっぴり珍しい七草粥のレシピです。ミルク粥のようなやさしい甘さが特徴で、疲れた胃を休めたい時にピッタリ。しっかりと味がついているので、おかゆが苦手な方にもおすすめです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

donguri

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう