秋鮭を使って♪ 「鮭の切り身」を使ったおすすめレシピ20選

秋の味覚「秋鮭」。紅鮭よりも身の赤みが薄く、脂肪分が低めでさっぱりとしているのが特徴です。1年を通して秋から冬の間しか楽しめないので、旬の季節は存分に秋鮭を楽しみたいですよね!今回はこれからの季節におすすめの、秋鮭の切り身を使ったレシピをご紹介します。

2019年9月26日 更新

鮭の切り身を使った炒め物レシピ5選

1. 冷めてもおいしい「鮭と蓮根のガリバタ醤油炒め」

秋鮭とれんこん、長ネギ、しめじを使った具沢山「鮭と蓮根のガリバタ醤油炒め」。にんにくとバターの濃厚な味つけは、ごはんのおかわりが何杯もできちゃいそうな味わい。冷めてもおいしいので、お弁当のおかずにもおすすめですよ。

2. ちゃんちゃん焼き風味「秋鮭とたっぷりキャベツの味噌バター炒め」

蒸し焼き料理「ちゃんちゃん焼き」の味わいを、炒め物でも再現!さっぱりとした秋鮭に、おみそのコクがよくあってお箸が進みます。キャベツもたっぷりと使っていますが、あっという間にペロリ♪ 豆板醤を加えてピリッとさせてもおいしいですよ。

3. 秋の味覚盛り「秋鮭とサツマイモの照り焼きバター風味」

秋鮭、さつまいも、きのこ。秋のおいしいがこれでもか!と盛り合わさった「秋鮭とサツマイモの照り焼きバター風味」。味付けは普段から使う、みりん、おしょうゆ、お砂糖、バターで濃厚に仕上げました。旨味、甘み、コクがたっぷりで、秋や冬には何度も作って味わいたくなるようなお料理です。

4. おつまみに「じゃがいもと鮭のバター醤油炒め」

鮭とじゃがいもと相性がいいバター醤油味が絶品の「じゃがいもと鮭のバター醤油炒め」。どんな鮭を使ってもおいしくアレンジできるレシピですが、脂肪分が少なくさっぱりとした秋鮭はバターの濃厚なコクにぴったり。お酒にもよく合う味わいなので、おつまみにどうぞ♪
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう